スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・私信返し第166.5回「イカでビール」

  • 2011/09/25(日) 17:02:13

サラサさん♪
サ:
これがホントの酒の肴。
……ってなんですかこのタイトルは。


saki
紗:
お水を口に含んで「ガラガラガラガラガラ……そう! ガラガランダ!」
って言うくらい謎です。


千里さん♪
千:
バカ言ってないで私信行きますわよ。






空の色 ~別館~観空様



>旦那様に甲斐性があるという事なのだろうか。
 ……ワシが言っても仕方ない気がするが。




saki
紗:
甲斐性というより、こころの器の広さ?
あとは常識にとらわれてはいけないのですね!とか?


千里さん♪
千:
確かにワタクシたちの感覚からすると多重婚は非常識ではありますわね。


オーナー、輝♪
輝:
存在自体が非常識なヤツらに何を今さらって感じだけどな。


サラサさん♪
サ:
まあそういうのは言わぬが華かと(苦笑)。

亡くなった後、身体だけ刺さるんですか。いえ、すごい確率ですよね、串刺しになるの。


saki
紗:
姉さん、それたぶん論点がずれてる……。


オーナー、輝♪
輝:
その辺はファンタジーだからとでも思えばいいんじゃないか。


千里さん♪
千:
その意見も夢もへったくれもあったものではありませんわね……。



>いや付き合うって決まった訳じゃないですから。
 と言うか何故くっ付ける様な話になったのでしょう?




サラサさん♪
サ:
こういう話っていつもくっつけようとする周囲が楽しんだりするんですよね。


オーナー、輝♪
輝:
いや今回やり玉にあげられているお前が言うセリフじゃねえよ、それ。


saki
紗:
それ、やり玉にあげた人がするツッコミでもないと思いますけどー。


千里さん♪
千:
紗姫ちゃんの言葉も一理ありますわね。
……と、お二人ともそれほど乗り気ではなさそうですわね。


サラサさん♪
サ:
うーん、それほど親密になりそうなイベントが起きたわけでもないですし。

X2は歴代から見てもそれほど難易度は高くないようですね。
負け犬さんも強化禁止縛りでもそれほど労せずクリアしていましたから。


オーナー、輝♪
輝:
カウンターハンターステージのバイオレン戦で多少梃子摺っていたがな。
アイツ曰く、火力だけならウルフシグマに匹敵するとかなんとか。


サラサさん♪
サ:
あとラスボス戦最大の敵は処理落ちだとかも言ってましたっけ。






にわとりRadioはぐれ様



本物は「マナの魔法」で一時的にマナの剣にしているだけ。
 時間制なんで、効果が切れたら掛けなおし。




サラサさん♪
サ:
もっとも最終戦って慣れれば死ぬような事態にはまずなりませんけど。
発動タイミングに関しては一考の余地アリですが。


千里さん♪
千:
どうしてですの?


オーナー、輝♪
輝:
神獣は空を飛んでいるんだが、ダメージを与えられるのが
マナの要塞に最接近している間だけなんでな。
魔法をかけるタイミングを間違えるとダメージを与えられない期間で魔法が切れる。


saki
紗:
でも大まかな行動の順番は完全パターン制だから
覚えれば先回りして掛けるのもそんなに難しくないです。


千里さん♪
千:
で、七不思議って残りの六の不思議は……


サラサさん♪
サ:
えっと、七不思議は物の例えといいますか。そんな感じだと思いますよ(苦笑)。


オーナー、輝♪
輝:
ま、こういうのは本人に問い詰めても答えないんじゃねえか。
うまく言えねえけどいいと思ったから結婚したとかそんなところじゃね?


saki
紗:
おもいきりのよさも人生には必要らしいですよねー。

スカートからミサイル……?
というかスカートの中で爆発したら大惨事のような気がするんですが。


サラサさん♪
サ:
スカートの中で爆発しないのもスカートマジックなんですよ、たぶん(苦笑)。



>なんだろ。
 とりあえず、「やっている最中に、次のゲーム購入してそっち進行」はありだな。

 ツイッターに最近出たDQネタ上がっていたし。




オーナー、輝♪
輝:
思い切り見抜かれているな。


サラサさん♪
サ:
絶賛ドラクエ進行中ですものね。


saki
紗:
浮気はしちゃダメですよねー。


千里さん♪
千:
ああ、人間として最低ですわね。






ゲーム電撃ミサイル2005 S.D漆黒の死神様



>・・・どういう嫌がらせだ、それ。



サラサさん♪
サ:
たぶんですけど、負け犬さんにそれは嫌がらせにもならないと思いますよ。
すごく喜ぶんじゃないかと。


saki
紗:
正規の方法での入手じゃないから受け取り拒否はすると思うけど。


千里さん♪
千:
その辺は律儀ですわよね。
いえ、そうするのが常識ではありますけれど。



>彼の場合は、2Gで当時は倒せなかった敵が居て
それを倒せたときの達成感は爽快らしい。




サラサさん♪
サ:
強敵を撃破したときの達成感は彼も知っているはずですから、
きっとのめりこめばガンガン進められるんじゃないかと。


千里さん♪
千:
まずはプレイ時間を重ねて慣れるところから始めるべきだと思いますわね。
言っている間にやれって話ですけれど。


saki
紗:
それから片手剣ですね。
お兄ちゃんに教えておきます。ありがとうございました。



>・・・悲しい真実だな。



千里さん♪
千:
そういえばときどきありますわね。内部告発で会社の不祥事が明るみに出る事件が。


サラサさん♪
サ:
ああいうのって事実をもみ消そうとしたことで非難を受けますね。


オーナー、輝♪
輝:
問題が起きちまうのは仕方がない……と片づけていいかどうかは疑問だが
隠そうとして非難は自業自得だろ。


saki
紗:
気持ちはわかるけど。イメージダウンになるようなこと、進んで公表とかしたくないと思うし。


オーナー、輝♪
輝:
あと蛇足ながら「止むを得ない」だ。
勘違いしがちなことなんで一応ツッコんでおく。






saki
紗:
今回もお兄ちゃん、来ませんでしたね。


サラサさん♪
サ:
次回はそろそろ強制出頭させなきゃですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。