スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・私信返し第62回「ネタが思いつかない日」

  • 2011/01/24(月) 01:08:24

負:
冒頭のネタが思い浮かばないので
サラサさん、さっさと私信返しにツッコんでおしまい!



サラサさん♪
サ:
な、なんでやねん(汗)。



オーナー、輝♪
輝:
……そっちのツッコミ入れてどうする(汗)。






猫と鷹の語り宿藤原様



>結局「知ってる」作品が少ないからLはスルーでしたね
 それいうと第二次Zもスルー確定なのですが




負:
原作を知らないのがプレイしない理由なら
俺、今後スパロボ一切プレイできなくなるんですけど。



千里さん♪
千:
知らなくてもプレイできるのがスパロボの魅力、かしら?



負:
それに必ずしも原作再現しなきゃいけないわけでもないしね。
大胆なクロスオーバーで原作以上のシナリオを描くってこともできないわけじゃないし。




オーナー、輝♪
輝:
そこはシナリオライターの腕の見せ所だな。
で、Wダンクーガ夢の競演について一言。



負:
忍&葵でダブルやぁぁぁぁぁってやるぜ!に期待。



空の色 ~別館~観空様



>今描いてる絵も、いずれは黒歴史的絵として扱われるのかしらー?

>さあ、それはどうだろ。
 まあ少なくともお子様に見せられない絵が大半だってのは分かるけど。

>思い切り趣味の問題だな。
 で、手の保温はどうするべきか……

>んー、指出しグローブでもやっぱり違和感が出ますからねぇ。
 やっぱ、部屋自体を温めて対応するしか無いんでしょうか。

>唯でさえ手の感覚が鈍いんだからねぇ、余計な物付けて更に鈍くなっちゃどうしようもなし~。




負:
まあなんですか。
現在進行形で黒歴史量産しているあたいよりはマシかと。



サラサさん♪
サ:
それはそれですごいスキルだと思いますよ(^^;



オーナー、輝♪
輝:
ガキに見せられない絵は描いてねえな。
好きじゃねえのか?



千里さん♪
千:
そこまで描きだしたら負け犬さんの場合、
いよいよ末期と思わなければいけませんわね。



負:
あはは、相変わらずひどい言われよう(^^;

指だしグローブは最近よく付けているけど
真ん中だけ温まって指先が冷たいから場所によっては
余計に冷える感じを受けますな。



サラサさん♪
サ:
指先やつま先は血管が詰まっているから、
どちらかというとそちら側を温めるべきですよね。



オーナー、輝♪
輝:
それ考えると本末転倒なのな。



負:
まあたぶん極寒の地でコレ付けたら指先が軽く凍傷になれるんじゃないのかなとは思うけど。



>玉出して遊んでる所を延々と流すだけなのかしらー?
 パチンコってソレしかやる事無いと思うし、何が何だか~。

>騒音とタバコの臭いの所為で店の前に近寄る事すらあまりしないからな、主。
 全く知識が無いのも頷ける事か。

>大きな音苦手でして、耳栓代わりにカナル式イヤホンを音楽流さずに使ってる事もあるほどでして。
 で、リディのいやらしい手つきってのは、大体盗撮やら何やらのカメラ操作技術に生かされてますねー。

>何かを揉むような動作は……やってるかどーかは知らないし知る気も無いと言うか。
 んで、TASさんは実記でも理論上は実現可能だったような。

>あくまで理論上であって、人間がやれるかどうかの可能性は天文学的に低そうだがな……




負:
流れてたのはコレ



オーナー、輝♪
輝:
関連ってか公式PVな。



サラサさん♪
サ:
なんというか……全体的にはじけていますね。



オーナー、輝♪
輝:
大きな音は負け犬も苦手だな。



負:
苦手というか、消防のときにリアルに耳が遠くなった経験があるので
なるべくイヤホンでも大音量では聴かないようにしているだけなんですけどね。



サラサさん♪
サ:
ついでに言えばなんとなく出た大あくびで治りました。



千里さん♪
千:
なんともお手軽な治療法ですわね。



負:
あとTASは理論的には実機で再現可能だけど
コントローラーがたぶんついていかないんじゃないかなぁ。



サラサさん♪
サ:
コンマ単位の精密操作が要求されますよね、おそらく。



にわとりRadioはぐれ様



>翠ちゃんが「ファイナルワード」出すのいつだろうねぇー。



負:
ファイナルワードっていうと……
バr



オーナー、輝♪
輝:
違う。



サラサさん♪
サ:
で、前提やらなんやらまったく想像がつかないんですけど。



千里さん♪
千:
んー……コスチューム関係で暴走しかけ、かしら?



負:
ああ、なるなる。シチュ燃えするタイプでしたか。



サラサさん♪
サ:
なんだか話が明後日の方向に飛んでいる気がしてなりません(-Д・)



>正面だったら、変形がボンネットまで達する辺りが、やるかやらないかの境界線。
 エアバックが起動していたら、アウトだけど。




負:
エアバック関係は問題なしやね。←購入のとき、エアバックの有無確認忘れて付けていない軽を買った人



千里さん♪
千:
それって事故になったときに危険なのではありませんこと?



負:
事故らなければどうということはないっ!!



オーナー、輝♪
輝:
や、確かにそうなんだが(汗)。



サラサさん♪
サ:
とりあえず、エアバックの交換は思いのほか高い、
ということですよね。



千里さん♪
千:
ですわね。
てっきり、あの袋部分だけ交換すればいいものと思っていましたけど。



ゲーム電撃ミサイル2005 S.D漆黒の死神様



>新たに加わるのは謎解きとパズルか。
 名探偵が迷探偵にならなければいいが。




負:
前編程度の謎解きが続くならたぶん問題ないんですが。



サラサさん♪
サ:
前編はそんなに苦労しなかったんですか?



負:
んー……4つの挑戦状攻略まではまあ、そこそこスイスイ進めたかな。
ただ当時の前・後編に分かれているゲームって
後編で一気に難易度が上がるのが常だったから……。



オーナー、輝♪
輝:
ストレートにクリアできるとは思っていない、か。



負:
ですだ。



>確かに火薬を連続で燃焼するから、銃自体が熱を持って
 雷管が勝手に爆発しても可笑しくは無いか。




千里さん♪
千:
熱がこもれば火薬が爆発してもおかしくない……
考えてみれば当然ですわね。



負:
一次的には安全のため、
二次的に弾丸の節約……そんなところなんですね。



オーナー、輝♪
輝:
思っているほど、連射は安全ではないってことの証明でもあるかもな。



負:
まあ、その辺は銃火器を扱うなら知っていて然るべきことなんでしょうね。
となると……こまめなメンテも必要になってきそうですね。



サラサさん♪
サ:
それも、デリケートなタイプの銃ならなおさらかも。






オーナー、輝♪
輝:
で、千里、冒頭の件に一言。



千里さん♪
千:
非常にどうでもいいですわ、本気で。



負:
では今日はこの辺で。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。