スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・私信返し第57回「ジョジョに奇妙な冒険」

  • 2011/01/14(金) 00:24:05

負:
最初は普通の日常なのが、だんだんズレた世界になっていく物語。
参考はムムムーーーンンンサササイイイドドド。



千里さん♪
千:
勢いで話をしない。

では、私信返しを始めますわ。






>綱渡り冷や冷や。

>あー、観風が言うなっての。
 っと、かゆみを我慢するのはダメですねー、私。

>我慢していると気持ちが悪くなるからな。
 若干の吐き気とかに見舞われるし。

>どう足掻いても絶望……じゃなくて、痒くてダメでして。
 キンカンとか塗っても痒いからどうしようもありません。




負:
っていうかむしろ向こう側からネタ振ってきましたよね?



オーナー、輝♪
輝:
あー、そうだったっけ?
だがURL変更のほうまではたぶん予測してなかっただろ。



サラサさん♪
サ:
その上で静観なさっていたのでしたら、
そもそも大事にならないと踏んで反応を示さなかっただけ、とか?



負:
ま、真実はいつもひt……もとい、闇の中ですな。



千里さん♪
千:
その真実、鈴奈さんの裁量次第のとても薄っぺらい闇だと思いますわよ(汗)。



サラサさん♪
サ:
あと……気持ち悪くなる?
それは大変ですね。



負:
皮が剥けちゃうのはあんまりよろしくないけど、
気持ち悪くなるのもダメだもんね。



オーナー、輝♪
輝:
まさにどう足掻いても絶望……
ってこれもしかして元ネタあったりするのか?



負:
や、記憶違いじゃなければSIRENかSIREN2のキャッチコピーだったような。
そうじゃなきゃ別のホラーゲームだと思う。



サラサさん♪
サ:
もっともそのフレーズを知っているだけというオチなんですよね。



負:
あい。



>足りない何かを色々と勇気で補えるのは、どこぞの勇者王でもないと中々難しいような。

>勇気があれば何でも出来るー。

>それは若干違うぞ、観風。
 で、リディ殿の反応は……

>ん、どしたの?

>ありゃ、反応ありませんね?

>あー、見た目がロリっぽくないから反応しないんじゃない?
 リディにも範囲外って言葉はあるっぽいし。

>あぁ、確かに。
 私と観風も体型はちっこいけど、反応されないしねぇ。

>んー、見境無く手を出すわけじゃないって~。
 一応基準はある訳だし、ウン。

>……心身ともに幼いのが好みと言うことか?
 まぁ、あまり考える気にもならんが。

>不穏な結果しか見えませんしねぇ、怖い怖い。
 で、桃鉄は借金幾らあろうが、0に戻す手段は結構あるから困りませんしねぇ。

>借金一億だろうが一兆だろうが、特定の行動でチャラになるしねぇ。
 ワープ駅とか、徳政令とか、目的地に入っても借金清算してくれるし~。




オーナー、輝♪
輝:
っていうかマジで「勇気」で補うからなぁ、サルファの勇者王。



負:
アなんとかさん「プレイヤーの皆さんは『勇気』などというわけのわからないもので攻略しようとしないでくださいね」
ナなんとかさん「今回は『勇気』という精神コマンドがありますが」
アなn(ry「な、なんだってーっ!」
のやりとりはそれなりに有名?




サラサさん♪
サ:
(^^;

あとリディさんに反応されなかったのは喜んでいいところなんでしょうか?



負:
いいんじゃないですか。
少なくとも幼女とは思われていないのでしょうから。



千里さん♪
千:
というか、反応されていたら何されるか
わかったものではありませんわよ。



サラサさん♪
サ:
あ、なるほど(^^;



負:
あと徳政令カードか。確かにあったなー。
入手したから早速使おうとした矢先に
ボンビーに売られるか捨てられるかしたという
とても素敵な体験をしたのもついでに思い出した。



オーナー、輝♪
輝:
それはなんというか……お前らしいエピソードだな。



にわとりRadioはぐれ様



>そーいうときは、最終手段「たr(ゴスッ

>それはやめぃ。
 性格は別途作成なんだから。

>それに、私信相手界隈に頼むと、「女の子」しか出来ませんから。

>あー、そだね。
 うちのも、髪型とトリミングで強引に誤魔化しているからねぇ。




負:
たら、たり、たる、たれ、たろ……ダメだ、思い浮かばない。



サラサさん♪
サ:
た行五段活用?



千里さん♪
千:
いえ、そこはまじめに考えなくてもよろしいのではなくて?(汗)



負:
それはともかく女の子しかできないということは……
裏を返せば男の娘もできるということにっ!?



オーナー、輝♪
輝:
そんなこと言って、依頼するつもりねえんだろ。



負:
やあ、まあね。



サラサさん♪
サ:
逆を言えば自分で作れるなら作りますって聞こえるんですけど。



負:
ハハハ、キノセイジャナイカナ? カナ?



>居るよ。
 同じ所を3回潰して、3回部品取替えしたのもあるから。

>只、4度目は無いな。
 保険屋さん的には「その車の支払い枠は、ねぇよ」段階だから。




負:
ねえ、保険ってさ、「万が一事故ったときのため」のものだよね?



千里さん♪
千:
本来的にはそうですわね。



オーナー、輝♪
輝:
いるんだろ、事故起こしても保険があるから構わずにやっちまうヤツが。



サラサさん♪
サ:
なんだか本末転倒……(・ω・;



ゲーム電撃ミサイル2005 S.D漆黒の死神様



>連射機能も気付いてなかったら、正真正銘の馬鹿だけどねぇ。



負:
や、連射機能はさすがに気づいています。
使ってみたらあまりに強力すぎて速攻で封印しましたけど。



サラサさん♪
サ:
どのくらい強力なんですか?



負:
たぶんA装備してたせいもあるかもしれないけど1面ボスが文字通り秒殺。
こらアカンわと思って速攻封印の流れ。



オーナー、輝♪
輝:
なるほどな。



千里さん♪
千:
となると、バリアの張り方が問題になりそうですわね。



負:
んー……たぶん、射撃ボタン長押しで出るアレじゃないかなと踏んでみる。



>警察に支給される拳銃 ニューナンブ M60はリボルバータイプだけど
 装填が5発+2発が威嚇射撃用の弾だから
 相手を牽制する意味での護身用銃扱い。




負:
うん、わからないということがわかった♪



サラサさん♪
サ:
前回に引き続いて投げようとしないでください(怒)。

大まかには速射性、発砲時の安定性、装填数、使用状況などを考慮して
銃を選択するということですよね。



オーナー、輝♪
輝:
日本なら拳銃所持は基本的にないから、
装填数少なめ、殺傷力も低めの銃をひとつ持っていればいい、と。



千里さん♪
千:
あ、ところでワタクシ、ひとつ気になったんですけど。



負:
なんですか?



千里さん♪
千:
死神さんは外観的なデザインで気に入っている銃などあるのかしら?



負:
ああ、それは確かにちょっと聞いてみたいかも。





負:
ハロー、そしてグッバイ。



オーナー、輝♪
輝:
クソ、使いどころ間違えてねえからツッコめねえ。



サラサさん♪
サ:
では、今日はこの辺で失礼します。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。