スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・私信返し第46回「まったく問題ありません!」

  • 2010/12/23(木) 01:50:25

負:
3話くらい進めるつもりだったスパロボLをうっかり全クリしちゃいました。
そして、ちょっと風邪をひき始めているような気がします。



サラサさん♪
サ:
この時期に必ず一回は体調を崩すんですよね。

では、私信返し始めます。






空の色 ~別館~観空様



>お前を倒せと轟き叫ぶのですね。

>実際、手から声が聞こえてきたら病院に送りたくなるよねー。

>幻聴とかストレスとかの心配するよねー。

>……そもそも例えの話だろうと言う突っ込みは、野暮か。
 で、毛皮があると言えども寒がることは寒がるからな、犬も猫も。

>服を着せてもいいのですが、ソレだと抱き上げたり撫で辛かったり、あと動き辛そうにするので好きじゃないのですよねぇ。
 そんな訳で何時も布団とかに寄り添ってる我が家の犬~。




負:
いわゆる厨二病症状ですね。「くっ! 俺の腕のクセに俺の命令なしに勝手にしゃべるんじゃねえ!」みたいな。



オーナー、輝♪
輝:
命令したら喋っていいのかよ。



サラサさん♪
サ:
とりあえず周囲が病院送りにするのは間違いないかと(^^;



千里さん♪
千:
あとペットを可愛がるのは飼い主として当然かもしれませんけど、服を着せるのは理解に苦しみますわね。



負:
喜んで着るのはともかくとして、大抵の場合飼い主が周りに自慢したいだけのような気がするんですよね。



オーナー、輝♪
輝:
親バカなんて実際そんなもんだろ。



>……DIVAで言うハードくらいだと勝手に妄想してみます。
 で、スピードの限界は50ですねー。




負:
ポップンの最低難易度が大体8、最高で43ですから……



オーナー、輝♪
輝:
8をイージー相当とすると難易度的にはノーマルの上位曲くらいか。



負:
ですかねぇ。
とりあえず初心者が最初にぶち当たる壁が大体15~18辺りになるかと思います。



千里さん♪
千:
ちなみにどの程度頑張ればクリアできるようになりますの?



負:
降ってくるポップ君の密度自体はまだスカスカだから、ちょっと努力すればなんとかできるレベルですね。



サラサさん♪
サ:
慣れてくると叩くのが楽しくなるんでしたよね。

で、スピードのMAXは50ですか。



オーナー、輝♪
輝:
スピード比が50:2なら単純に25回は先行できる計算になるな。



負:
やー、でもそこまでドーピングするのに多少時間がかかりそうですよね。



サラサさん♪
サ:
でも、逆を言えばある程度のスピードを得ればこちらのものということでもあるんじゃないですか。



にわとりRadioはぐれ様



>ほらほら、早くキャベツ作れって言ってますよ。

>どこをどう見たら、キャベツになるんだ、おい。
 ところで、アリアさん。

>はい?

>あんまり突っつくと、俺まで結婚しろって、追い立てる側に回るぞ。
 そっちの出産時は23か4だからな。




負:
別に急かしてはいませんがー。
結婚したら子作りしなきゃいけないなんてことないと思いますものー。



サラサさん♪
サ:
でも、いたほうが家庭も賑やかになっていいんじゃありませんか?



千里さん♪
千:
そうですわね。家庭は大事にしたいものですわ。



負:
んー……無理して作る必要はないって言いたいだけで。
当人たちが育てる意思があるのなら問題ないとおm



オーナー、輝♪
輝:
や、お前ちょっと止まれ。話を重くしようとするな。



千里さん♪
千:
正論はときに暴論より人を傷つけるのですわ。



オーナー、輝♪
輝:
byフィリップ



負:
や、オーナーはともかくなんで千里さんまでそのネタ知ってるのかなー?(汗)



>で、自信の顕れというより、諦めの境地です。



サラサさん♪
サ:
えーっと……悟りを開かれたということですか。



千里さん♪
千:
ん~……どちらかというと怪我するときはしてしまう、という方向の達観だと思いますわ。



オーナー、輝♪
輝:
注意していても起きるときは起きちまうんだから、わざわざ重たい靴なんざ履く必要はねえってところだろうな。



負:
あー……一応、事故らないように「ぼげらるご~」って叫びながら祈っています。



千里さん♪
千:
その叫びは事故を招きそうだからやめなさい(汗)。



ゲーム電撃ミサイル2005 S.D漆黒の死神様



>ラリーキングは独走態勢にする裏技あるけど、載ってない?



負:
とりあえずトップで書いたとおり、スパロボの攻略が完了したので
2週目攻略と並行して挑戦状の攻略をしたいと思います。

自分、どちらかというと単純作業の繰り返しのほうが向いている気はします。



千里さん♪
千:
慣れた作業に関しては普段のマイペースさを感じさせないほどのスピードでこなされますわよね。



負:
ですね。
ただ慣れる早さ=対象への興味の強さなんでいつもいつも発揮するわけでもなかったり。

で、なにその裏技? 全然知りませんです。



オーナー、輝♪
輝:
お前が使っていたのはダメージがなくなる裏技だったな。



サラサさん♪
サ:
独走態勢になれる裏技……ですか。
もし掲載されていたら使いますか?



負:
や、なんかそれはさすがに卑怯な気がする……。
ダメージがなくなる裏技だけで頑張りたいと思います。



千里さん♪
千:
……やはりあなた、こだわり派プレイヤーかもしれませんわね。



>真面目な話の時にボケると癪に障る場合があるから気をつけて。

>…それは兎も角、実際にあったのか?

>…あると言えばあるけど、話すとややこしくなるから省略。




負:
Σ(゚∀゚ノノ



オーナー、輝♪
輝:
いい機会だから一回斬られてこい。
ってか俺らがおしおきの手を下すまでもなくなるってことだな。



千里さん♪
千:
や、どさくさに紛れて死神さんを手下みたいにしないでくださいまし(汗)。



サラサさん♪
サ:
あー……とりあえず今回は



負:
(((゚Д゚)))ガクガクブルブル



サラサさん♪
サ:
とこんな状態ですので、これに免じて許していただけないでしょうか?



オーナー、輝♪
輝:
あー……。
で、向こう話したくないみたいだがどうする?



千里さん♪
千:
どうするもなにも、こちらが引くべきですわ。
誰しも語りたくない秘密のひとつやふたつはありますもの。






負:
で、この私信書いている間に風邪の症状が治まった件について。



サラサさん♪
サ:
ええ、まあ……良かったですね(^^;

では、今日はこの辺で失礼します。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。