スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・私信返し第45回「終局が見えない」

  • 2010/12/20(月) 23:12:04

負:
スパロボL制限プレイは第35話まで攻略。
あー、なんか休みの日も別の用事があったりでなかなか進める暇がない。



オーナー、輝♪
輝:
ま、がんばれば今月中にはクリアできるだろ。

じゃ、私信返しはじめるぜ。






空の色 ~別館~観空様



>( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ
 体育館裏はアレですね、心身ともに準備オッケー覚悟オッケーってヤツですか。

>何か意味が違う方向に取られそうな上、全然オッケーじゃ無い気がするんだけど。

>……まぁ、その辺りは認識の誤差で。

>大体どの辺りまでを誤差と呼べるのだろうな?
 主が言う誤差は、何と言うかボール球と言うか暴投の域に達していそうだし。

>えー、割と人並みの認識だと思ってるのですけど……
 あ、ソレと犬や猫って暖かい所に入り込んできますよねぇ。

>布団やコタツの中然り、ストーブの前や人の膝の上とかにまで弾を取りに来たりねぇ。

>そこが可愛のさー。用事があると時はちょっと自重して欲しい所だけど。




オーナー、輝♪
輝:
体育館裏と言えば「俺の拳が光って唸る(がおー)」的な意味なのは常識だろう。



サラサさん♪
サ:
常識かどうかはともかく……いわゆるお礼参りの方面ですよね。

……って、がおー?(^^;



千里さん♪
千:
あるいは管理人特権のいじりという名の罰ゲームとも言いますわね。



負:
そんな特権いらねえっす。

あと犬猫と言えど毛皮被っているとはいえ寒いモンは寒いってことでしょう。



千里さん♪
千:
寒さで身体を震わせたくないのは人間ばかりではないということですわね。
考えてみれば当たり前のことですけど。



オーナー、輝♪
輝:
気合と根性と意地で半そで短パン貫いていたアホもいたけどな。



サラサさん♪
サ:
あー、いましたねー。小・中学校の頃によくやっていた人が。



負:
ダレノコトカシラー?



千里さん♪
千:
無論、あなたのことですわよ、負け犬。



負:
ハハハ、あれはまさしく黒歴史ですぜセニョリータ。



>相変わらず音ゲーは譜面が訳分からないです。
 DIVAみたいにボタンの配置があっちこっち行かないのは見易いですけど。

>画面が賑やかだと押す所分かりづらい、初見殺しあるからねぇ。
 とは言えどの道音ゲーはあんまり性に合わない観空だけど。

>アクションの方が好みなだけさねー。

>買う系統もソレに偏っているしな。
 で、FFTは他の仲間が戦ってる最中、自分で自分にエールを掛け続けたり叫び続けたりする主人公が居る訳か。

>傍から見たら異様な光景ですが、コレが強いから困ります。
 3・4回エール掛けたり叫んだりした辺りから、目に見えて相手よりターンが多く回ってきますから。




負:
私だって最初からうまかったわけじゃないですよ。



オーナー、輝♪
輝:
初心者の頃はレベル15辺りでも余裕で落としてたよな。



負:
たゆまぬ努力と意地でレベルを少しずつ上げていきましたからね。
繰り返しの大切さを音ゲーで学びました。



千里さん♪
千:
その気づきは大切ですけど、あなたの場合それを実生活に活かせていないのではなくて?



オーナー、輝♪
輝:
ゲームだと性格が変わるタイプだな。



サラサさん♪
サ:
確かに、普段より少し攻撃的な言動が目立つようですが。



負:
や、そこまでボロクソに言われると軽く凹む。



サラサさん♪
サ:
で、FFTは素早さを上げる特殊能力が重ねがけできるんですね。



千里さん♪
千:
上限はないのかしら?
先日の30~40回連続攻撃の話を聞く限り、上限値が限りなく高いのではないかと推測いたしますけど?



オーナー、輝♪
輝:
あとF完のイデオンは5段階目の上の段階があるな。
こいつがヘタレでクリアしてないから情報知っているだけだが。



負:
どうもー、ヘタレですー。
ちなみに暴走状態になって操作不能、敵味方関係なくランダムに狙ってくるらしいです。



サラサさん♪
サ:
運用リスクの高さは第三次αの比ではないんですね。



負:
まあ攻撃力の計算式がそもそも違うから使いこなせれば第三次α以上の暴れっぷりを見せてくれるんだろうけど。



にわとりRadioはぐれ様



負:
ああ、もしかしてアリエルさんに代r



オーナー、輝♪
輝:
ーグボール2号消える魔球を放つわけだな。



サラサさん♪
サ:
なんでそこで話の腰を折るんですか?(汗)



オーナー、輝♪
輝:
なんとなくそういうノリでいかなきゃいけない気がしてな。



千里さん♪
千:
で、負け犬は何を言おうとしましたの?



サラサさん♪
サ:
たぶん正しいであろう解答を、です。



負:
なんかもうどうでもよくなった。



サラサさん♪
サ:
あ、拗ねた(^^;



>某朝ドラだったら、見て無いから。

>主人の場合、履かないのは面倒なだけ気が。

>おおせのとおr(ピコッ

>むー。

>あー、仕込んであるのは、重量物落下等から足をガードするため。
 工事と自動車関係は、道具と言えども、重量級なモノがあるから。




負:
某朝ドラ……つか前回そのものを言ってたんだけどさw
早番、日勤、遅番のどれでも、家か仕事先のどちらかで見ているんですよね。



サラサさん♪
サ:
8時放送開始だから早番なら職場で、それ以外なら家で見るんですよね。



負:
ついでに親が毎日見ているしねぇ……。

ま、それはさておき。



千里さん♪
千:
履きかえるのが面倒というのはわからないでもないですわね。
自分が事故を起こさないという自信の顕れでもあるのかしら。



オーナー、輝♪
輝:
要はやらかさなきゃ履こうと履くまいと変わらんのだろ。



ゲーム電撃ミサイル2005 S.D漆黒の死神様



>……コース覚えてませんが、何か?(ーー

>単にドリフトブーストのタイミングが分かってるだけでしょ?
 慣れない内のドリフトブーストはコントロール難しいから
 激突する率が高いのが原因。




負:
全体を覚えるというよりは要所要所の道を覚えるっていうかね。



サラサさん♪
サ:
その辺は単にプレイスタイルの違いじゃないでしょうか。



負:
まああたいどちらかというとトライ&エラーを繰り返して少しずつ覚えていくタイプだけどさ。



オーナー、輝♪
輝:
で、裏技については?



負:
バリバリ使ってる。
っていうかなんでこだわりある人だと思われているんだろう? 不思議不思議。



サラサさん♪
サ:
普段の記事で縛りプレイのプレイ記事書かれるからじゃないですか。
敢えて茨の道を進むイメージがあるんですよ、たぶん。



負:
……? そうかねえ?(-Aー;



>争わずに済むなら、刀を持つ必要なんてないし
抗うのは、認めたくない証拠でもあるのは確か。




負:
若さ故のあやまちですか。



サラサさん♪
サ:
負け犬さん、そこはボケるところじゃないです。



オーナー、輝♪
輝:
ま、正義を語るにしてもその正義を護れるだけの力はどうしても必要になるわな。



千里さん♪
千:
力なき正義は無力。だから鍛えなければいけないのですわね。
そして、抵抗する者を力でおとなしくさせるのはある意味では当然と言えますわね。



負:
……ところで殺傷してしまうケースってどんなのなんだろ?



オーナー、輝♪
輝:
原則を破るんだから相当特殊な事例だろうな。






負:
明日は3話くらいは進めたいなぁ。



オーナー、輝♪
輝:
それは「1話進めばマシ」と受け取るぞ。



負:
やっぱり否定できねえ。

でわでわ♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。