スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・私信返し第43回「これぞ魔神皇帝」

  • 2010/12/17(金) 00:03:12

負:
スパロボL31話まで攻略。
魔神皇帝が出てきましたけど、4段改造済み参戦もあって無茶苦茶強いです。

では、私信返しいきまーす。






空の色 ~別館~観空様



>ちなみに私の部屋、コタツを出せるほど広くないと言う罠がー。

>妹と相部屋だからな、狭くてそんなものを置くスペースは無い訳だ。

>一人部屋だった頃は十分置けたんですけどねぇ、今じゃ無理です。

>代わりとして、布団に電気カーペット仕込んでる訳だけど。
 んで、ネタは通じてる?

>無論、無理。




負:
自分の部屋もコタツ出せるほど広くなかったり。



オーナー、輝♪
輝:
そのこころは?



負:
ゴミ屋敷。



サラサさん♪
サ:
……せめて部屋の片づけくらいしてください(汗)。



負:
まあゴミ屋敷は言いすぎにしてもなぜか周囲に物が溜まる溜まる。



オーナー、輝♪
輝:
典型的な片づけできないタイプだな。

で、ウィナッツォへの解説いっとくか?


負:
SFC版半熟英雄の第4話に登場するステージボス、完熟四季王のひとり、冬の四季王ですね。
この動画の1分ちょっと過ぎくらいにその姿を確認できます。



サラサさん♪
サ:
コタツから顔を出す犬、ですか。



負:
ちなみに四季王はFFⅣに出てくる四天王の自社パロネタだったり。
ということを後から知ったのでFFⅣの四天王戦ではもれなくこいつらが頭に浮かぶっていうね……。



オーナー、輝♪
輝:
微妙にハタ迷惑な話だな。



>ハードになると消失とかは厳しい。
 昔のケガで利き腕の連打が長続きしないんだよねぇ。

>かと言って左手でやるとPSP逆さまになるから訳分からん状態だしねぇ。
 んで、カイトは昔、DIVAのプレイ動画で海パン一丁で空飛んでるのを見てから印象が決定付けられたと言う。

>何かキラキラしながら飛んでたねぇ。
 でもその動画が見つからなくって……代わりに何か見つけてしまったんだけど。

>……テンション、高いな。
 で、Twelveとはまた懐かしいタイトルだな。

>PSP最初期頃に出てたSLGですからねぇ。
 私もあのおじいちゃんはチート染みてると思いました。




負:
音感はやっぱ関係ないかなぁ。映像は基本リズムで合わせてますから。



オーナー、輝♪
輝:
投げ出した人間が言うセリフじゃないけどな。



負:
ういうい。
あと消失と金の聖夜~だけはPSPを床に置いて左手でPSP固定、右手で連打って形で対応しましたね、言い忘れていましたけど。



サラサさん♪
サ:
携帯機を床に置いてプレイなんてそんなにしないですよね。



オーナー、輝♪
輝:
普通に持ってプレイしたら確かに親指消失だからな。



負:
消失はホント、リズムゲー通り越して連打ゲーだったね(苦笑)。

で、意外なところで共通話題になったわけで。



オーナー、輝♪
輝:
つってもお前、挑戦状1出現と同時に攻略して以来、プレイしてないだろ?



負:
ああうう、否定できない。
なんかターン制のSLGってテンションが乗らないと一気に攻略できない性質みたいです。



サラサさん♪
サ:
逆を言えば波に乗ってしまえばスイスイ進めてしまえるということですか。



負:
だねぇ。
事前情報で難易度自体はSLGとしてはかなり低い部類って話も聞いているし。



にわとりRadioはぐれ様



>奥手なのは、都市伝説的な意味での”魔法使い”なのも原因かと。
 ところで、ク○ックアップは?


>さぁ? 元ネタ何なんだか。

>トライアルに飛んだのは、前ライダーコーナー担当の1人って事で。




千里さん♪
千:
都市伝説的な意味での“魔法使い”って……なんのことですの?



負:
男は30歳まで××だとツンデレに進化できるっていうアレですね。



千里さん♪
千:
ツ……ツンデレ?



オーナー、輝♪
輝:
嘘を教えるな。
30歳まで××を貫くと魔法使いになれるっていう迷信があるんだよ。
まあ、要するにそれまで経験がなかったってことだな。



千里さん♪
千:
経験? ああ、結婚の?



負:
微妙に違うけど、まあそれでも間違っちゃいないかな。



千里さん♪
千:
う~ん、なんだかあまり納得できませんわね。



サラサさん♪
サ:
で、クロックアップの元ネタは?



オーナー、輝♪
輝:
仮面ライダーカブトだ。
カブトは腰のバックルを反転させることでキャストオフ(外部装甲排除)して、一定時間超高速移動が可能になる。



負:
まあ設定的には“周囲の時間が遅くなる”というほうが正しいみたいなんですが。
ぶっちゃけトライアルメモリーの前身と言っても過言じゃないかも。



オーナー、輝♪
輝:
やってることは一緒だもんな。



>行かなすぎですぅ~。

>そうは言っても、俺も、向こうも、革靴を履き潰すような仕事じゃないから。

>結果、革靴の出番が少ないと。

>そー。
 スーツも、年1あるかないかだったり。




負:
営業回りするような仕事なら年数回単位で変えるのもあるのかもしれないですけどね。



サラサさん♪
サ:
あるいはサラリーマンでもないと、ですかね。
現場ではたらく職種は作業着+運動靴のほうがいいですものね。



負:
っていうか革靴だといろいろと不便かも。
室内で履くには違和感バリバリだし、向こうにしてみれば傷がついて、それが目立ってしょうがなくなるでしょうしね。



オーナー、輝♪
輝:
お前の職場は基本ジャージだったな。
ジャージもツナギも革靴と組み合わせると違和感が全力で仕事しちまうしな。



負:
結果、革靴の出番がそれほど回ってこないという結論になるわけで。



ゲーム電撃ミサイル2005 S.D漆黒の死神様



>特典映像は挑戦状1から、スタッフ陣からの挑戦状(?)を
クリアをしていく内容。




負:
有野の挑戦状1は昨日買ってきてちょろっとプレイしてみました。
収録ゲームがFCテイストなんで結構楽しめました。



サラサさん♪
サ:
ラリーゲームの3番目の挑戦でややてこずっていたみたいですが。



負:
ややなんてもんじゃないな。
10回以上挑戦しちゃったから。もう課長のことを笑えないな。



オーナー、輝♪
輝:
とりあえずそこまではプレイして終わったんだよな。



負:
うん。スパロボ進めないといけなかったから、後はスパロボ完全攻略後に一気に進めるつもりです。



千里さん♪
千:
それから、向こうは詰まるようなことがあったら教えてくださるそうですけど、どうしますの?



負:
とりあえずは当時のキッズの気持ちになってやれるところまでは自分でやってみようと思います。
あの頃は何度も挑戦してはじめて達成できるようなゲームが多かったことですしね。



千里さん♪
千:
ということらしいので、お気持ちだけ受け取っておきますわ。



負:
ありがとうございます♪



>これで分からないと言われると、お手上げだな。



負:
一部はわかったかな。
鬼道を合体ロボに例えるとさまざまな形態が数十種は存在するということで、
合体中に攻撃用のエネルギー充填も並行して行って、
合体とほぼ同時に攻撃を放つようなものなんですね。



オーナー、輝♪
輝:
完璧に向こうの説明を言い直しただけじゃねえか。



負:
大事です、要約。



サラサさん♪
サ:
あはは(^^;

後者の場合は?



負:
限定された魔力といわれるくらいですから……
つまるところ、100必要な魔力を70程度で放てば威力が下がるのは当然、ということでしょう。



千里さん♪
千:
それから、正規の手順を踏まない代償として、予測不可能な効果を及ぼす場合もある、ということですわね。



オーナー、輝♪
輝:
で、その副作用を抑えるために札という補助具を用意するってとこか。
それによって術の安定性を高めるということかな。



負:
スパロボ的に例え直すならプロペラントタンクってところですかね。



サラサさん♪
サ:
という風に解釈しましたけど合っていますでしょうか?






負:
明日行けば休みだから一気に進めてしまいたいですね。



千里さん♪
千:
それ、前々回の私信でも言っていませんでしたこと?



では、私信返しを終わりますわ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。