スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弱いという長所

  • 2010/06/17(木) 21:59:29

今さら俺がこんなこと語るべくもないと思うのだけれど。

スーパーロボット大戦コンプリートボックス。
これが俺の初スパロボでした。

当時はガンガンに攻めていって攻略できたくらいですから難易度のほうは意外にも低い部類なのでしょうが、今ガンガンに攻めていったらクリアできない気がするのはなぜ。

曰く、大人になるとは汚れていくということです。

んでだ、このゲーム、一部のユニットを除く味方ユニットが本気で弱い。HPこそ高いユニットもいますが火力が圧倒的に足りない。
もうなんだ、下手にユニット動かしたら第3次なんぞ第1話からさっそく死ねる。もっとも第3次ほど戦力に恵まれないスパロボも珍しいんですけど。

ガンダムよりさらに弱いプロトゲッター、HPが低過ぎて囮に使うのも恐いGM。当時としてはそんなに強くないマジンガーZが主力。考えられない……。

でも最初が弱いからこそ、初代ゲッターの参入やGMの上位機(ですよね?)ネモの支給が他のスパロボと比べ物にならないくらい嬉しい。弱いけど強い、がこんなに嬉しいとかちょっとないですよね。

ネモ自体は汎用火力が上がったガンダム的な性能なのですが(実は最大火力ではガンダムに負けている)、斬り払い不可のビームライフルの威力がガンダムのそれより高いというだけでかなり価値が高いと言えます。特に第3次は主に戦うことになるバイオ兵が斬り払いを標準装備していますし。

最初から主力張れるユニットじゃなくて、最序盤ですらすでにパワー不足という。
それをカバーする方法と言えば、敵の武装の威力、射程、命中補正などを考慮した上での囮ユニットでの陽動、特にP属性武装に貧弱なものが多いので移動後攻撃させて比較的ダメージを低く抑えながら強力な攻撃を叩きこんで瀕死に陥らせる戦略、そして、集団で1機をフルボッコにすること。

単に突っ込ませるだけでもある程度はカバー可能なのですが、敵の性能や自軍の弱さを考慮したりする理詰めの楽しさがコンプリートボックスは強いと思うんですよ。

スパロボ自体やっぱキャラゲーだし、コンプリートボックスもキャラゲーなんですが、戦略の深さはシンプルゆえに奥深いと思いますね。
例えば、HPが低過ぎて弱いと思ったら回避と攻撃力が異様に高くて単機攻略可能なビルバインとか。
マサキの章で言えば火力は並程度ながら長射程で地味に削っていけるディアブロのリニアレールガンがあるとか。
殴り系な外観に反して実は射撃特化なザムジードとか。

戦闘アニメのON・OFFがないので時間がえらくかかってしまうし、昨今のスパロボと違って使えないユニットは本気で使えないという欠点(スパロボの醍醐味は自分の好きなユニットを愛で強化カバーできるという点にもあると考えますので)はあるものの、ギリギリで攻略できる緊張感は覚えてしまうとむしろ快感ですらあります。

そういう意味ではM仕様かもね、コンプリートボックスは。



はじめてプレイしたスパロボというのはあるんですが。

再評価されてほしいなぁと一番強く思うスパロボであるのも事実であります。



でわでわ♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。