スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒歴史

  • 2010/01/15(金) 19:27:47

実を言うと「黒歴史」という言葉の現在の主な用法が嫌いです。「なかったことにしたいこと、消してしまいたい過去」としてよく使われているそれのことです。
嫌いな理由のひとつが黒歴史黒歴史言い過ぎて本来の意味からあまりにもかけ離れてしまっていると感じるためなのですが。

出典となった作品、∀ガンダムでは特に「過去に起きた戦争の悲惨な歴史」を指して黒歴史と使っていると認識しています。おそらく、そこから転じて「あってはならない歴史」=「存在してはいけないこと」という現在よく使われる意味に行きついたのでしょう。

ただ個人的にこの論理展開もどうかなぁ、と。

∀ガンダムのテーマのひとつが黒歴史からどんな未来を選びとるかということだと思います。アニメ本編をまったく見てない癖にこんなことを言うのもおかしいのかもしれませんが。
黒歴史とは一種の比喩で、人類が幾度となく繰り返してきた過ちのすべてを内包する言葉なのではないでしょうか。そして、人は繰り返すからと絶望するか、過ちを教訓とするか、そのメッセージをわかりやすく届けるためにそういう言葉を使ったのではないかと。

だからこそ、黒歴史が内包するものは「過去の悲惨な歴史」であっても、「なかったもの」にしてはならないと思うのです。むしろ、黒歴史とは直視しなければならない歴史であり、そこから各々が何を選びとるか、その指針たるものであると思います。

以前にも書いたことがあると思うのですが、臭いものを臭いと知っているのは、それを鼻で嗅いだことがあるから。
その経験を元に、臭いから忌避するか、逆に臭さを好ましいものと思って近づくかは人それぞれでしょう。この場合どちらが正解というのはないですね。っていうか近づくって選択肢もありなんだ。新たな発見です。

話を元に戻して。

なかったことにしたいなら「なかったことにしたい過去」ってストレートに書けばいいじゃないですか。わざわざ黒歴史とかかっこつけてこれで許してくださいみたいな雰囲気に持っていくのはやめましょうよ、と。そういうことですかね。

まあどうでもいいっちゃどうでもいいことなんですが。というかなんで俺こんなこと書いてるんだろとかちょびっと思ってしまいましたけど。

乱暴に言ってしまえば黒歴史はその後の選択と結びつく必然性を内包しているものなのではないかな、と。



このブログを開設して以来、私自身は黒歴史という言葉を安易には使ってこなかったつもりです。一度か二度、もしかしたら使ってしまっているかもしれませんが、基本的にそんなに軽々しく使っていい言葉とは思えないので。
そこまで考え込まんでもいいんだろうに。そういう性分ですな、これは。



いやまあ最大の理由はここんとこ似たような更新が続いていたからたまには妄想全壊(誤字に非ず)のあれこれ語りもいいかなと思っただけなんですけど。←今までの雰囲気ぶち壊し

妄想全壊は毎回のことですかそうですか(泣)。



でわでわ♪

※ちなみにここで書いたのは俺スペシャルのとっても自己中な解釈と付け加えておくのぜ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。