スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次スーパーロボット大戦攻略記第四回・そろそろキツくなってきた……

  • 2009/06/24(水) 09:14:56

無改造・ノーリセットプレイは歯ごたえがありますが疲れます。はふぅ。
物語も中盤を過ぎて考えて動かさないとあっさり撃墜されちゃったりしますし。



第16話 脱出 ~ESCAPE~

DC最強の部隊ラストバタリオンに遭遇し、やむなく脱出を試みるというシナリオ。
なのですが逃げ出すという選択肢を選びたくないのとカロッゾを倒したときの経験値が(゚д゚)ウマーなので、ここで倒してしまうと死亡扱いになり後に仲間にできなくなってしまうビギナ・ギナinセシリー以外の全滅を狙います。
逃げるだけならそんなに難易度は高くないシナリオなんですが。←で、一回攻略を失敗した理由が全滅狙ったからだったり

また、基本的にクイックセーブ禁止で攻略していますがこのマップで脱出したか敵を全滅させたかでセリフが変わるそうですので確認のためにこのマップのみ特例として完全攻略確定時点で(具体的には敵がセシリーのみになった時点で)クイックセーブを一回だけ行っています。

最初の攻略ではHPとEN回復効果があるコロニーを拠点に戦ったのですが、ギラ・ドーガが射程1~3のP属性の最強攻撃を持っていたためにちょうど囲まれる形でメタスが集中砲火を浴びてしまい敢え無く撃墜。
その後も敵のシールド防御を念頭に置かずにダメージを半減されてしまい、F91が撃墜されるなど散々な結果でした。
なによりトドメとして放った集中掛けのゲッターシャインがカロッゾに避けられてしまい、作戦失敗と判断してリセット。

実はその後に、二回目の攻略を開始、同様の戦法を取りましたがまたまた失敗。

そこでコロニーを目指しながら後ろから追ってくるドライセン、ギラ・ドーガ、バウの部隊を倒していく作戦に出ました。
が、ターン数が掛かりすぎてラフレシア(カロッゾ)とヤクト・ドーガ×4(うち一機はギュネイ機)、ギラ・ドーガ(レズン専用)が行動開始。コロニーに向かうのは危険と判断して後退しながら撃墜する作戦に変更。これが功を奏しました。

ギラ・ドーガの弱点は射程の短さ。移動後攻撃こそ射程3を誇りますが弾数は2発。
最大射程はこの時点では致命的に短い4なので5以上の射程を持つ機体なら移動先を予測して射程外から攻撃することが出来ます。

ヤクト・ドーガの弱点は移動後攻撃の貧弱さ(つってもスーパー系に対しても600ダメージ余裕でたたき出してきますが)。
また最大射程8に対し、移動力が9なので前進しているヤクト・ドーガの射程内にわざと入り、後続のヤクト・ドーガのみを誘き出し、スーパー系で削るという戦法で対処しました。

最大の脅威であるラフレシアに対してはそれまで温存していた必中、ひらめき、集中などを駆使して一気にダメージを。
特に熱血掛けシャインスパークは10000ダメージを叩き出し、ラフレシアのHPを半分以上削ってくれました。

ウィンキー時代の本領発揮という感じで間違いなく今までで一番攻略に頭を使いました。



ちなみに撤退時のエンドデモのセリフがこちらで

脱出時1
脱出時2


ラストバタリオン全滅時のセリフがこちら

ラストバタリオン全滅時1
ラストバタリオン全滅時2


どちらでも甲児が強気なのは変わらないというwww

それにしても1マップ攻略するのにえらい時間と気力を費やしてしまいます。ノーリセットの緊張感がすげぇピリピリ来て次のマップ攻略のときには疲れて頭が回らない(爆)。
当初の予定より攻略期間が伸びそうだなぁ(汗)。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。