スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰かのために輝く流星はスキップ・ビート!を全力で応援します!

  • 2008/07/24(木) 10:01:13

そういえばゴタゴタで一ファンとしてすっかり書くのを忘れてしまっていたのですが……。



とても大好きで今でもコミックスを買い続けている仲村佳樹先生のスキップ・ビート!が今秋アニメ化することが決定したそうです。個人的に特に思い入れの強い作品ですので今回のアニメ化についてはとても嬉しく思っています。

一番最初に期待したいのは「ショウちゃんのポスター!」連呼をどこまでおもしろく描いてくれるか(笑)。初登場時、おしとやかなイメージのキョウコのキャラ崩壊っぷりを示してくれたあのシーンの力は間違いなく偉大です。←早速、コミックス読んだ人しかついていけない話題

この漫画の紹介でよくShow-biz物とか言われるんですが有体に言うと芸能界物ってことになるのかな。最上キョウコ(芸名:キョウコ……まんまやんとか言うなっ)が役者として芸能界入り、成長していくストーリーを描いています。
個人的に最上キョウコが表の主人公なら、先輩俳優の敦賀蓮が裏の主人公だと思っています。この二人にキョウコの元婚約者でミュージシャンの不破尚を加えた三角関係が話の肝かと。
……って最近、コミックスで尚の姿を見ることがめっきり減ったような気がしますが。というか最新刊の19巻には一切顔を出していないという、お前仮にもメインキャラクターなのに扱い悪いな、みたいなね(笑)。

キョウコを語る上で欠かせない人物がモー子さんこと琴南奏江。ズバ抜けた演技能力を持つも、ある事情でLME(キョウコらが所属している芸能プロダクション)のオーディションに落ち、キョウコとともにラブミー部に所属することになります。
最初こそ、キョウコのことを毛嫌いしていましたが(キョウコに秘められた才能を感じて嫌悪していたきらいもある)、度重なるキョウコの猛アタックに徐々にほだされていき、キョウコにとって欠かせない友人となります。
所帯くさいのがとても嫌いなのですが、それにはモー子さんの家庭の事情がありまして……。これが明かされたときは笑っちゃうとともにモー子さんが一気に身近に感じられるようになりましたね。

あと他にもラブミー部のコスチューム、どピンクつなぎがどれだけ強烈なピンクを放つのかも楽しみ。どのくらいピンクかというと恥ずかしくて往来も歩けないほどだそうです(笑)。
もっともキョウコとモー子さんはある出来事をきっかけにこのコスチュームを着ることを恥ずかしく思わなくなり、むしろ必要ならば積極的に着るようになりますが(笑)。



嘘偽りなくもっともアニメ化が待ち遠しかった作品ですので、今回の決定は本当に嬉しく思っています。というかワクワクして夜も眠れませんっ!……というのはさすがに表現がオーバーですがそれくらい楽しみにしています。
超オススメ作品なので機会がありましたら是非ご一読あれ♪

誰かのために輝く流星はスキップ・ビート!を全力で応援していきますっ!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。