スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OGシリーズの不思議な掟

  • 2007/08/25(土) 05:56:59

OGシリーズには他の版権作品が出ているスパロボにないある掟があります。
それは、隠し機体は存在しても隠し仲間はいないということです。
いやそのマップ限り仲間になる存在がいるやんって方もいると思いますがそいつはスポット参戦っていう言葉が存在するじゃないですか。

そんなわけで事前に調べたらその掟が破られるんかなーと思っていたスパロボOG2.5をやっとこさ攻略しました。

いやね、とある機体が隠しで手に入るんですけど、同時にその搭乗者も味方になると思いこんでいたんですね。ですがOGシリーズの掟通りお亡くなりになられました。機体は入手しましたが。

いや、それにしても骨が折れました。実は一回挫折して最初からやり直したんです。というかこれは私の腕では攻略できないかな?と思ったのですが。
詰まったマップで改造方針とか攻略法を考え直したら案外楽にクリアできてしまいました。後はとんとん拍子で攻略。
どうもそのマップがOG2.5の最難関だったようです。いやー楽だった。

ラスボスはHP回復がないのが幸いでした。あの性能で回復されたら私泣いちゃいますよ?
ラスボスとしての貫禄は……うーんって感じ。まあ、次に出るOG外伝の序章的内容ですから仕方がないかもしれません。

PPは最終話突入前に80ポイント稼げればいいくらい。最終話直前のマップでどれだけ稼げるかが勝負の分かれ目でしょう。該当キャラにはSP回復を優先的に覚えさせました。
そんなわけで養成する余裕なんてほとんどございませんでした。でもそれが逆に難易度をそこそこ高めに保ってくれていい感じでした。
一周するのに6時間程度で済むのもいいですね。というのも昨日の夜から始めて先ほど攻略ですから。

でもなんかあざとい商売だなぁとちょびっと思わないでもないです。アニメからゲームを買う人を狙ったんだろうけど、いざ蓋を開けてみれば次の作品の序章的作品を収録。
たぶんね、製作者としてはこれをやらせるのが一番の目的だったんだと思うんですよ。これで気に入って次を買ってくれれば狙った通りでしょうからね。
そういう意味で実はちょっと興醒めしていたり。



それでも買っちゃうんだろうなぁ、OG外伝(仮)。主に赤い修羅様目当てで(ぇ)。



あ、それからOGsを総括しての感想。以下、ネタバレ多分に含むと思うので任意で読んでくださいまし。

内容については概ねいいと思いました。オリジナルだけなので変な柵がないのが功を奏したみたいですね。

個人的に気に入った変更点

・リー=リンジュンが生存。
アドバンス版ではシロガネが最終的に撃墜扱いでリーが死亡していたのですが、OGsでは戦闘不能で撤退。個人的にこのキャラクターは好き……とまではいかなくとも、アドバンス版の頃からわだかまりを克服して連邦に戻って欲しいキャラでした。
こういうことを言うヤツ、私くらいかもしれませんがw
今回の変更はその道を開いてくれた意味でいい変更だったと思います。

・追加シナリオでアクセルがラミアに説教
自ら人形になることを望んだアクセルが人間について説く、考えてみればとてもおもしろいシナリオ。なにより、ラミアの嘘を見抜いたその理由に目から鱗が落ちました。

・OG2最終話の決着の変化
アドバンス版の隠しラスボスが普通にラスボスとして登場。それに伴って通常ラスボスの存在がなくなってしまったことが残念ですが、個人的に通常ラスボスを倒したときのEDのほうが真EDといった印象だったのでこの変化はかなり嬉しかったです。
また、この変化はクライマックスの展開の変化を与えるとともに、OG1から2と重要になっていた“あるもの”に決着が付きますから、アドバンス版の通常EDと隠しEDのいいところを集めたEDに変化したと思います。



個人的に気に食わない変更点

・ビアンが完璧に世界征服を目指してしまっている
個人的に無印第二次の頃の威厳がこれを目指したせいでなくなっているなーという印象。
解説すると、確かにビアンは世界征服による地球圏の統一を図っていました。ですが、一方で自分を打ち倒せるような強い力と意志を持つものが現れればその存在に地球圏の未来を託してもいいと考えていたのです。ビアンはハガネにその価値を見出していたのではないかと思いますが、コロニー統合軍総司令マイヤーとの通信で「ジュネーブで会おうぞ」と自分の生存を疑っていません。
OGsではかろうじて最期のセリフに未来を託したことを感じさせますが、ビアンの強大さを表すためには自ら剣を育てるために敵に回った愚者を徹底的に演じていただかなければならないと思うのです。
考えてみたら敵側の描写も丁寧に描くのが昨今のスパロボ。適度に謎を与えつつ、最後にどんでん返しを与えたあの頃のスパロボとは根本的に違うのかな。そういう意味で不遇の人かもしれない、ビアン博士って。



まあ、ビアン博士の意見に関しては自分がビアンスキーなので敢えて厳しく評価したのですが。ダイテツ艦長がブライトさん並みに純粋ならビアン博士の狙いに薄々気が付いたりとかしないはずなのですが。
ウェポンセレクトシステムを見事に再現したこととか、戦闘アニメは間違いなく今までで最高であるとか、バンプレストさんよくここまでやったなぁwと思います。総括しておもしろかったです。
完全なリメイクなのかな、と思ったらちょこちょこ変更していてアドバンス版をプレイした身でも新鮮にプレイすることができた辺り、単純なリメイクじゃないと感じました。
あと新機体が総じてバランスを壊していたのにはもう笑うしかなかったですね。個人的にアーマリオンは改造して絶対に損はしない機体ですw 堅くて運動性高くて武器のバランスがいいし。リョウト君、アンタ天才だよ!



OG自体はこれからも遊んでいくと思いますが、とりあえず全シナリオチャートを制覇した私にお疲れ様♪

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。