スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔装機神1週目攻略完了

  • 2010/05/30(日) 21:00:01

マサキとシュウが背中合わせ<冒頭の挨拶

すでに攻略終わった方には上記の発言で大体どのルートに突入したか察していただけるような、もしかして別ルートでもあのイベントカット挿入されます?とか思ったりなんだり。
ぶっちゃけ回想録と称したイベントカット集の閲覧機能いらんやろと思うのですが、一部状況と合わさって破壊力抜群なイラストがあるからむやみやたらに足蹴にできないのよね。第1章の魔装機操者揃い踏みのシーンとか。



どうも、負け犬です。1週目の目標、ロドニーとエリスを生存させるは「達成した……のか?」と首を傾げるルートに到達。最終話の難易度は割と高かった気がしますの。



あ、今回ネタバレがひどいです。気をつけてください。



第2章で通過したのはいわゆる邪神ルート。
先日の感想では明記しなかったのですが、ロドニーとエリスは第2章の分岐に大きく関わるキーキャラクターで、その生死のいかんによってルートが大きく変化する重要なキャラだったりします。
で、邪神ルートにおける彼らの扱いなんですが、シュテドニアスのラセツ派に追撃されている途中でマサキらがラセツと遭遇。その戦闘のどさくさに紛れてまんまと逃げ延び、物語の終盤でラセツのシュテドニアスでの地位を一気になきものにするという大挙を成し遂げます。ただの関西弁のおっさんかと思ったら本当に強かだよなぁ、この人。

まあ要約すると普段はシュウがよくやっている裏方ポジションで、ストーリー上目立たないけど重要な役割を担った、と。
エリスに関しては搭乗機ギルドーラは出たものの、彼女のセリフが一切なかったので本編では顔も出ないまま終了。不遇です。
もっともロドニーを支えたのが彼女であることは間違いないので真の裏方と言えばそう言えなくもないような。



全滅プレイは例によって禁止。禁止というか幸運を有効活用すれば2章の中盤過ぎたあたりから1シナリオで10万から多くて20万はざらに稼げるので改造資金にはそれほど困らないんですよね。
武器はメインに使う武器ひとつ(パイロットによるけどP属性格闘武器が望ましい)と必殺技をひとつ改造すれば問題ないかと。サイバスターならディスカッター(バニティリッパー)とアカシックバスター(同名のランクアップバージョンアカシックバスター)で十分でした。乱舞の太刀は覚えたけど結局一回も使わず終い。

難易度は昨今のスパロボに比べても格段に低いですが、ストーリーを楽しむ分にはこのくらい緩いほうがありがたいかも。
戦略性はあるようなないような、一部難易度がおかしいシナリオを除けば割といい加減に攻略してもどうとでもなったりしますし。

周回引き継ぎは最終話クリア時点の資金持ち越し+クリアボーナス100万。100万って言えばあーた、このゲームでは2~3機くらいは主力張れるくらいにまで改造できるほど潤沢な資金よ。

これは「戦略なんぞ二の次でいいからストーリーを楽しめ!」というスタッフからの優しい心遣いですね!



次はテューディルート目指そうかな。ペンダント渡すか渡さないかがウェンディ生存に関わるからあのシナリオは絶対に通過せねば。

目指せ! 一夫多妻エンドッ!←これが冗談じゃないから困る



でわでわ♪

スポンサーサイト

魔装機神

  • 2010/05/27(木) 21:26:02

んなわけで買ってきました、リメイク版魔装機神LOE。まったり攻略していこうと思います。

SFC版と同じく、序盤の改造はジャオームのディスカッターを2段階のみにとどめて、とりあえずサイバスター入手まで進行。前回、大胆大味な戦闘とか書いたけど、そういえば序盤の難易度は結構高いことをプレイしていて思い出しました。

戦闘アニメは大筋満足。基本、あっさり塩味なんですが魅せ方を押さえた動きなので見ていて全然苦ではありません。よく見てみると魔装機自体はほとんど動いていないという衝撃の事実が。それでも機体や武装を素早く動かしたり、アングルやロボットのカットイン挿入のタイミングなどを工夫したりして、十分魅力的な戦闘アニメに仕上げてあると思います。イメージとしては高速ロボット紙芝居?(表現が悪いだろ……)
一部必殺技を除いてはグリグリ動くのは期待しない方向でお願いします。でもお陰で一回の戦闘もサクサク進むので個人的にはこれでいい気が。なんとなく一回の戦闘に掛かる時間がウィンキー時代の頃に立ち返ったかな。※本ソフトはウィンキー製作です

特にタイトル画面放置していると表示される戦闘デモの、ネオグランゾンのブラックホールクラスターは、OG外伝ほどのド派手さはないものの戦闘アニメとしての完成度は個人的にはこちらのほうが上だと思います。
見て即、「そうそう! こんなのでいいんだよ!」と思わず喚起。

改造画面など見てもリメイク前と差異は見られませんし、ストーリー周りがちょこっと変化した以外は純正移植ですな、これは。ほとんどのユニットは改造したらした分だけ応えてくれる数値調整だし。←とか言いながらサイバスターしか手をつけていませんが



最後に1週目の方針→ロドニーとエリスを生存させる

あの二人キャラとして好き過ぎるから死亡するルートを辿るのは辛い……。



でわでわ♪

二次創作のSSを書いたはいいものの

  • 2010/05/24(月) 23:18:31

突発的に無限のフロンティアEXCEEDのネタが思い浮かんで勢いよくSSを書いてみたのはいいものの

・完成していざ冷静になって読み返したら本編の盛大なネタバレ話に
・ネタバレされたくない場合最低でも最終チャプターに到達していることが条件
・可能ならラスボス撃破でED到達推奨

というとっても困ったちゃんなものが出来てしまいました。

ぶっちゃけどうすんねん、これ。←ナレーション:琥魔

内容自体は当たり障りないものとはいえ、公開するにしてももうちょい後にしようかと思います。



どうも、気がついたらリメイク魔装機神発売が明日に迫ってwktkが止まらない負け犬でございます。セニア可愛いよセニア。



発売に先立って公式サイトのPVを見てたらテンションが急上昇。
マサキら魔装機神操者は元より、シモーヌやプレシア、テュッティにウェンディなどの神聖ラングラン王国関係者の顔が見れただけで感激したことはおろか、敵として登場するひょっとこ仮面ことロドニー将軍とその部下エリス、他にもカンツォート=ジョグやトーマスさんまで出てきてPV流れている間ニヤニヤしっぱなし。

少し落ち着け、俺!

そして、スパロボシリーズの肝とも言える戦闘シーンは機体が3Dでモデリングされています。3Dというとあの悪夢が甦るなぁとか一抹の不安を覚えていましたけど。
見た感じ、サクサク動いていましたので悪くはなさそうですが……印象としては真・魔装の後継正当進化?←アレの3D戦闘は本当に見れたものじゃなかった……

真・魔装もあのくらい動いてくれれば少なくとも黒歴史とは呼ばれなくなりそうな気がするけど。←真・魔装好きな一個人としての想い



すっとぼけたキャラクターが多いものの、最近のスパロボよりもずっと硬派な内容なのでシリアス大好きって方には超オススメです。
でも公式サイトの改造画面を見る限り、あの変に大胆大味な戦闘バランスは修正されてなさそう(笑)。



でわでわ♪

浄化される魂

  • 2010/05/21(金) 22:48:56

BeatManiaⅡDX12 HAPPY SKYより CaptivAte~浄化~(ニコ動)



シアかわいいよシア。ということでCaptivAte三部作の最後を飾る~浄化~でございます。他のも検索すれば出るのでよろしければ聴いてみてくださいな。

いやまあね、このプレイ動画途中のプレイがガタガタなんですけどなんだか昔の自分のプレイを見ているみたいで微笑ましいです。
それまで表拍だったのが急に裏拍を含むようになるせいか、それまでうまく叩けていてもその部分でガリガリゲージを削られてしまうんですよね。
難易度もノーマル譜面とはいえ☆6と初心者がてこずるレベルというのも理由のひとつでしょうか。この曲をほぼ失敗なく叩けるようになったら少し実力がついたと思ってもいいかもと思います。

あと個人的にハピスカは私が弐寺を本格的に始めた頃に稼働したこともあり、思い入れも一入だったり。その割にSigSigなんていう名曲(?)をポップンに移植されるまでまったく知らなかったわけですが。

当時はWe are Disっ娘よっつ打ち命もよく選んでたな。
ポップな曲なのとリズムが覚えやすいのと程良い簡単さだったお陰で当時のプレイ回数間違いなく第一位。

ハイファットは裏打ちだね~ぜったい~♪(1! 2! 3! 4!)



書いていたらプレイしに行きたくなりました。

近々、またゲーセンに行こうかな。



でわでわ♪

妄想するだけならタダだよね

  • 2010/05/18(火) 21:47:28

無限のフロンティア×東方project的な妄想をしていたら(←普段から割とこの手の妄想はしてたりする)

霧雨魔理沙がムゲフロメンバーにつけられそうな仇名の候補に「ブラックマジシャンガール」が出てきて、個人的に笑いのツボに直撃ヒット。いやー、版権的にヤバいんとちゃうというか

なんたら王と関係ない記事なのに引っ掛かる可能性を作る辺りあたいの無鉄砲さが窺えるのぜ。

あとはWカグヤでなにやら一発ネタができそうな気がします。というかモチーフがまったく一緒なんですけど永琳先生。
他にも射名丸文のボス戦があったとしてナムカプの悪天狗がなんの違和感もなくお供についていそうとか、妖夢辺りはサムライガールみたいなあだ名をつけられた挙句、同じ刀使いとしてカグヤと仲良くなったりとか

どう考えても妄想どまりなのが泣けてくるぜよ。

まあその手の妄想はそういうのが得意な方々にお任せしましょう。



どうも、更新が停滞気味でまことに申し訳ないとおもいつつ、さぼりまくりな負け犬です。もうコンクリート詰めにされて東京湾に沈められたいです。でも死因は窒息死。っていうかコンクリートで固められた時点で死亡確定っすから。



さて、久々書籍紹介。



包帯少女哀話 2巻/作:こはく那音



以前紹介した作品ですが、相変わらずのワンパターン。
もしかしたら2巻を買うだけでも問題ないかもしれません。変わり映えするのは包帯少女の過去話くらいのものですし。

と、貶すところから始めてしまいましたが、個人的な評価は意外と高いです。
当初思ってたよりはずっとおもしろく読めましたし。



実は包帯少女の過去話を読んでから次も続けて読むか決めようと思っていたらそれがラストエピソード。
あらはー、と思いつつ、作品全体が内包するものを考えると確かにここで止めて正解かも、とも思いました。

人生に絶望した人間がかすかな希望に縋って神社に願いを託す。
願望が現実となり、希望に満ちあふれたその人の末路は果てしない闇。

作品自体は全編ずっとこれを貫き通した印象です。
それまでのエピソードと気色が違うように見える包帯少女の過去話でさえ、構造を紐解くとまったく同じ話ですし。

ただ、それまでのエピソードと最終エピソードとの差は

「自ら破滅の道を進むか」それとも「運命に翻弄された末の破滅か」

そんな感じだと思います。いや細かくいくと最終エピソードも前者に含まれると思いますけど。



そして、包帯少女哀話というタイトル。これよく考えたな、と。
全編読み通してみて、実際に「哀話」と呼べるのは(私個人が受けた印象ではありますが)最終話だけです。
というか、いわゆる“呪い”のルーツが包帯少女のある悲劇に端を発するということが最後に判明します。

とにかく全編「救いようがない」話ばかり。
これ描いている間、作者自身精神が壊れかけたりとかしなかったのかな?と心配になるほど、どうしようもなく救えない話ばかりです。
でも同時に救えない話を一貫して描き続けたということが、この作品の持つある種の悲哀性を浮き彫りにしているとも思います。

あとがきで作者こはく那音先生が「バッドエンドばかりでハッピーエンドと呼べるエピソードも作れれば作りたかった」と述べていますが
もし仮にハッピーエンドで終わる話があれば、この話の持つ童話的な怖さの威力は激減してしまっていたことでしょう。



包帯少女が願いを叶えてあげようと思う理由、人間を闇へと陥れようとする理由。

でも、その度に彼女は血の涙を流す。

それは、もしかしたら「哀しい運命から逃れてくれる人が現れてくれたら」という願望の裏返しなのかもしれない。



余談ですが

私個人はホラー的な怖さを引き立たせる要素として

1.呪いの条件が明確である
2.ルーツもはっきりとしている
3.でも解決策はない

大体この辺りを満たしていれば、人間の心の奥に潜む闇を想起させ、得体のしれない恐怖を描き出せると思っています。



さらに個人的な話になってしまいますが

私自身は突然現れて驚かせるようなタイプのホラーより

心の闇を想起させて心理的にじわじわと蝕まれていくようなタイプのホラーのほうが好みだったりします。

だから、この作品の描いたホラーが私好みだったというのも気に入った理由なのかも。



再三言いますが、救えない話ばかりです。

でもその救えなさのなかにどこか懐かしいような、そして、童話を読むような気持ちの悪い怖さがある作品。

そんな風に思います。



※以下、余談という名のフォロー的な何か

地獄少女と被ってるとか言われているみたいですけど
あちらは願った人間が最終的な選択を決定していますし
救いようがあるエピソードも含まれる分、個人的には包帯少女哀話に比較すると明るい(?)作品かな、と思うのですが。

呪いの設定自体が似通っていることは否めないとは言え、話の性質自体は似て非なるものかと思います。



でわでわ♪

争覇の宴

  • 2010/05/10(月) 23:30:49

無限のフロンティアEXCEEDのエクストラダンジョン、攻略開始しました。のですが噂に違わない鬼難易度。

とりあえず固定ボス戦は余裕でぬっころされるのがデフォと思ったほうがいいです。というかまだ中盤にすら差し掛かっていないというのに戦闘時間1時間くらいは当たり前とか、苦行としか思えねぇ……。

いかにダメージを与えるか、よりは、いかにダメージを回避しつつじわじわと削っていくかって感じのバランスです。いや、本編のボス攻略も似たようなモンですけど。



とりあえず最後まで戦い抜ける気がしないー。けど頑張るわ、栄光の明日を掴むために!←こんなげーむにまじになっちゃってどうするの(名言



でわでわ♪

変わらぬもの、変わりゆくもの

  • 2010/05/08(土) 21:07:24

以前は好きだった曲を久しぶりに聴いてみたらあまり心に響かなくなって

「なんで俺はこの曲を好きだったんだろう?」

長らく、そんな風に不思議に思っていたのですが。



なんか前提条件からしておかしいんじゃないかと思いました。

前提条件は「以前は好きだったのに」ってところ、かな。自分は変わっていないはずなのにって言ってるよーなモンだと思うんですよ。

そうじゃなくて、おそらくは自分の内面的な部分での変化がきっとあったのだと思います。

以前に比べて、自分の中での物事に対する価値観が変わった。だから、以前好きだったはずの曲が大した曲に聴こえなかったり、前はそんなに評価していなかった曲が突然、好きな曲に変わったり。

音楽は不変です。同じ譜面で語られた曲は同じ音やリズムしか刻みません。

だとしたら、聴き手の感情が変わったと考えるしかないんじゃないかな。



まあ、長らくの疑問が氷解したということでひとつ。



拍手来ていますので返します。



>司馬懿(い)=孔明の罠だ   の人



落ち着け、まだ慌てる時間じゃない!←似て非なるもの
解説ありがとうございます。懿さんですね、覚えましたー。
さん付けすると出過ぎて胃潰瘍になりそうなごにょごにょごにょ。



>Zで対空とか自分の状況で相手への攻撃モーションが変わるから 多分そろそろサイズ差によって攻撃モーションも変わると予想



作業量的に無理かと。というかスパロボスタッフに死の宣告ですぜそれはwww
Zの空→空(地→地)、空→地、地→空の3パターンでも結構いっぱいいっぱいだったらしいのに、サイズ差を考えたら

SS~3Lの6段階

1サイズにつき6パターンとして

6×6=36パターン……単純に作業量10倍以上でございますよ(笑)。
つかなんで俺こんなにマジメに計算したんだろう(笑)。

サイズ差による戦闘はA.C.E.シリーズのほうで堪能しましょうぜ。



でわでわ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。