スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここが無限のフロンティア

  • 2009/12/27(日) 19:54:24

まあなんつーか無限のフロンティアのエンディングをとってもスパロボちっくにまとめるとスパロボZ序盤の次元崩壊がポジティブに完了しましたというところでしょうか。自分でも何言っているのかわかんないよ。

以下、思ったことを取り留めもなく書き連ねてみるテスト。思いつくままに書いているので脈絡も秘孔もあったもんじゃありません。

一見硬派なオルケストルアーミーのリーダーのドクロさん(←名前ど忘れ)ですら、たまにすっとぼけたキャラになる辺りがこのゲームを非常に象徴しているよなぁとかさりげなく思ったりもしまして。マジメな人ほど損をする世界なんです、きっと。具体的に言うとラスボス(←直球名指し)。
ビジュアル的に割とイロモノ揃いかと思ったらキャラがしっかり立っているから意外にも好感が持てるキャラが多いしね。印象が薄いキャラも確かにいるけど、捨てキャラは基本的にいなかったんじゃないかな。少なくとも見るだけでイラつくキャラがいないっていうのはキャラゲーにとって肝とも言える部分だし。
あとナムカプコンビとKOS-MOSはむしろ敵側を登場させたくて参戦させたのかなとも思ったり。外部参戦組みでストーリーの根幹に深く関わったというか、有益な情報を送ってくれたのは沙夜&T-erosの二人組みだったしね。
零児、小牟、KOS-MOSはどちらかというと空気作りでした。ああ、でもこのゲーム、会話が肝だからいるだけってのも結構重要だわね。

主力のレベルはラスボス戦到着時点で60超、総プレイ時間34時間ほど。終盤、52レベルくらいまでレベル上げしてからその後は一気に攻略したのですがその間に10レベル近く上がっているとは気がつかなんだ。お陰でいつの間にこんなにレベル上がってたのよ?とちょっくら驚く。……努力の力は偉大です。
SP補正の高い装備した関係で、終盤は豊富なSPに物を言わせた特殊技のオンパレード。主力はナハト&アーベントのランページ・スペクター。うん、途中から絶対このゲームの楽しみ方間違えてると思いました。勝ちゃあいいのよ勝ちゃあ。



まあね。それでですね。

ゲーム電撃ミサイル2005 SDの死神さんが以前の無限のフロンティアの記事に対して私信を書いてくださったので。今回は特別編でお返事書かせていただこうと思いまして。

まず最初に行き着くところは一緒なんだな、と笑ってしまいました。
こちらの主力はハーケン、神夜、アシェン、KOS-MOS。零児は援護攻撃が非常に組み込みやすいという理由で後衛のエースを務めてもらっていました。
逆にアシェンの援護が使いやすければ零児を前衛に持ってきていたかも? 某強制的に前衛になる戦闘のときにやっとわかったのですが(苦笑)、戦闘特化と見せかけてサポートもさりげなくこなせますしね、零児は。

SPに関しても同感。精神使い放題、特殊技使い放題にするだけで難易度が全然違うと思いました。
あと単純に攻撃力を上げるよりクリティカル率を上げる装備したり、ときには攻撃より防御優先したほうが攻略しやすかったりしますよね。装備を組み合わせる楽しみってのもこのゲームの醍醐味なのかな?

ただ、なによりも終盤に来てちょっとダレ気味だったところで返事を書いてくださったお陰で自分のテンションを持ち上げ直すことができましたってことで。今回は本当にありがとうございました。

次回作で今一番登場が楽しみなのは登場当初よりオリジナルに性格が近づきつつある彼女ですの。いや、まさか参戦するとは誰が思いますよ?



話は変わって久々書店に行って買った書籍の紹介。今回はネタ的扱いでひどいですわよ。

こはく那音先生の包帯少女哀話。地雷覚悟で買った一冊です。どうでもいいけど「なおと」だそうです。俺、最初「なおん」やら「なね」やら捻くれて読んでたしー。
昔、不幸な死に方をした少女がまつられた神社が悩みを抱えた人の前に現れ、包帯に願いを書いて蝶結びにするとその少女が願いを叶えてくれるという内容。
上記のあらすじと表紙を見る限り、地獄少女に近い内容かと思いきや、どちらかというと不二子・A・不二夫先生の代表作笑うせェるすまんに近い内容という……畜生、別の意味で地雷だったか!(笑)

包帯少女の決め台詞?は「ふふ…彼女はどんな運命をたどるのかしらね」

一巻は内容が良くも悪くもワンパターンで、その回の主人公の問題提起→神社登場、願いを書く→願望成就→主人公破滅、という流れになっています。あたい的に望まない結末という点で地獄少女より笑うせェるすまんに近いと思ったわけで。
内容としては凡庸かなぁという感じですが実を言うとブラックユーモア的な内容の話って嫌いではないので割とすんなり読めました。
個人的に一番印象に残ったのは第6話最後のコマ。世の男性の少女漫画に対するイメージを根底から覆しそうなほどヤバいです、ホラー的な意味で。

2巻では包帯少女の過去が明らかになるそうですが、それが一連の行動とどう結びつくのか。その辺りが楽しみですね。



さて、今年も残すところあとわずかになりましたね。

ちょっと早いですが、好き勝手に記事を書く当ブログを来年もどうぞよろしくお願いします。



でわでわ♪

スポンサーサイト

これなら100分間だろうと聴いてられるで

  • 2009/12/21(月) 23:59:52

マリオランド ED(ニコニコ動画) ※マジで100分動画ですので注意

これ懐かしいなぁ。あまり難しくないから何週もプレイした覚えがあります。
一週クリアすると難易度が上がった二週目をプレイできる(敵の配置&数が増えるだけですが)のもいい感じ。
1、3ワールドのBGMもすごく耳に残るし、4ワールドのチャイナ風音楽もかなりいい曲だし。
マリオシリーズは意外とあまりプレイしてないんですがこれに関しては音楽も楽しめる内容だと思います。玄人のアクションゲープレイヤーには二週目ですら温いでしょうけど。



無性に音ゲーしたくてたまらなくなってます。ここ二ヶ月でゲーセン行ったのが一回だけという一時の白熱ぶりが嘘のように行っていない現状。
なんつーか過去収録作のほうが新作より魅力的に見えてしまうわけで。まああんまりプレイしていないからちゅうのもあるのでしょうが思い出補正とか慣れとかその辺りの補正がたぶんにはたらいていそうな気がします。
現在は弐寺を一番プレイしたい。というか最低でも六段余裕で合格、あわよくば七段合格できるくらいの実力をつけたいです。それくらいならいかにヘタレ音ゲーマーでも練習を頑張れば夢じゃないはず。
ところで今回、弐寺にはじめて長押しの要素が含まれたんですけど……、なんかますます弐寺の敷居が高くなってない?と思ってしまいました。ただでさえ七鍵と鍵盤の数が多いっちゅうのに。
もっともその要素が含まれる譜面については曲セレクト画面でわかるようになっているんですけどね。すごくいい曲が多いんですが素人が(いやかく言う私も素人ですが)手を出しにくくなってるんじゃないかとか思ったり……。

……考えすぎかな?



さて、拍手が来ていますので返します。



>無限といい、第三次といい・・難易度高いものおおいじゃないですか!! あ、あと偽物語下の途中までいきますた。はちくじちゃんとのやりとりがたまらんです!あともう少しです!



第三次はともかく無限のフロンティアはなんか難しいとは違うんですよね。アイテム使用禁止とかお金使用禁みたいに縛りを設けない限りは適度なレベル上げとアイテムの使用で結構なんとかなっちゃいますし。
ここ最近プレイしたスパロボでランク付けすると

第三次スパロボ>>>>>(次元の壁)>>>>>K制限プレイ≧無限>W>NEO>第二次制限プレイ

個人的にはこんな感じです。なんだかんだで第二次制限プレイが一番温い(笑)。

あと八九時まよいをプッシュされたらますます「私に近づかないでください」というしかないじゃないかwww
実際あそこまでコミュニケーション能力が高い小学生とか別の意味で怖いです。いいぞ、もっとやれー。



音ゲー曲では最近はSigSigが好きすぎてたまらない。

みんなもシグろうぜ!(訳:ずっこけようぜ!)



相変わらずオチがないけど、でわでわ♪

痛みは私を満たしてくれますか?

  • 2009/12/15(火) 22:46:05

しばらく手をつけていなかった無限のフロンティアを久しぶりに進めています。久しぶりに起動したら直前のイベントと今後の目的を見事に忘れていたんですよね。あー、ここで何かしたような気がするー、みたいな記憶はあったのですが。
そんなわけでフィールドを歩いたり近くのダンジョンをうろちょろしながら目的地探ししてました。本当、よく思い出せたよオイラ。ここんところはほとんど一本道のRPGの強いところですな。

んでだ、その時点での目的をなんとか思い出して進めてみたところ、COS-MOS加入直前まで進んでいたことが判明。なかなか出てこないからいつ出るんだろうと本気で思っていたらこれだよ。

通常技はヒット判定が割とシビアだし重量級の敵に対してはコンボで浮かせる能力が低く、地上に付かせて強制回避される確率が高いというなんとも使いづらい性能。格ゲーで例えると初心者には使いづらいけど熟練者が使うとすごく強いタイプといったところですか。
実際、必殺技の攻撃力はおそらく全味方中最高(PVでよく流れていたアレね)、SPELL-BLADEは消費SP30の割に高威力で敵を最大3体まで攻撃可能だったり、絆で全味方を回復できたり、直撃で攻撃開始一発目のBLOCK無効と受けにも攻めにも……もとい、サポートと攻撃の両方をこなせるという化け物っぷりです。

ここまで書いといてアレですが実はゼノサーガを未だにプレイしたことがないという←

ストーリーのほうはやっと本格的に動き出した感じ。
楽しい楽しい言っといて実はボス戦が「とりあえず出会っちゃったから戦う」みたいな展開が多くて。
そのせいで私の中でのプレイのテンションとムゲフロの評価がだだ下がりだったんですが、敵側にも譲れない信念があって互いの主張がぶつかり合うから戦うという展開が多くなってきたことに一安心。それに伴ってある程度この辺でボス戦が入りそうだな、というのも予想しやすくなってきました。

進度についてはやっと中盤に差し掛かったんじゃないかな。というか差し掛かったと思いたい。
まあ焦らず少しずつ進めたいものですね。

あとEXCEED買おうか悩み始めてしまいました。買うつもりはなかったのですがムゲフロプレイしたら一気に熱が上昇しちゃって。
まあ追々考えましょうか。



話は変わるけど新しい小説を読み始めたい。

できれば今度は腰を落ち着けてじっくり読めるヤツがいいわね。



でわでわ♪

猫と鷹が戯れる物語

  • 2009/12/14(月) 01:57:29

リンク追加報告というかリンク変更報告?を一つ。
藤原さんがこの度ブログを移転することになりまして、新しく猫と鷹の語り宿へのリンクを追加しました。
メッセで旧ブログのほうはたぶん削除すると言っていたので、とりあえずブログが完全撤退するまでリンクは残して、消され次第リンクを解除しようと思います。

簡易ですがブログ移転お疲れ様でした。早速拝見させていただいたところ、いい具合に飛ばして素敵だと思いましたよ。しばらく黒猫で通すつもりな・の・か・にゃ・?
なにはともあれ、心機一転ブログ更新を頑張っていただきたいです。これからも変わらぬお付き合いお願いしますね。

簡易ですがこのメッセージをもって藤原様へのリンク報告とさせていただきます。



だば、短文ですが失礼します。

名は体をあらわす

  • 2009/12/10(木) 22:06:50

おそらく涼宮ハルヒの憂鬱がヒットしてからだと思うのだけれど。
いやもしかしたら涼宮ハルヒの憂鬱がヒットしたからそう感じてしまうだけという可能性もあるのだけれど。

前者にヒロインだとか固有名詞を置いた○○の××だとか、△△は□□みたいなタイトルのラノベが本当に増えたよなーと思います。いやまあだからなんやねんって話になるんですけど。
本のタイトルはいわば何も知らない人になんらかの印象を与える門のような役割を果たしているわけで、そこに固有名詞を持ってきて「この人物はどんなおかしなことをするのだろう?」とかあれこれ想像させる分にはすげぇ有効な手段なのかもしれませんが。っておかしなことするのは確定なんかよ……(汗)。
ちなみにアタイの購入の契機は大体がタイトル:あらすじ:イラスト=2:7:4くらいかと。10を大幅に超えているのは毎度のお約束みたいなものなので軽くスルーしていただくとして。

んでまあ、数日前に書店に行って「肩肘張らないで読めそうなちょっとおバカ系の小説」という読みやすさ優先の選定条件でラノベを探していたわけですよ。まあたぶん、これは電撃文庫の専売特許だろうとか思い切り決めてかかっていたんですけど。

んで見つけたのが藤堂家はカミガカリという本。購入動機は戦闘物っぽいのにあらすじの中にあったデッキブラシの文字。ギャップにやられたってやつですね。弱いなぁ、この手のに。
あと決めてかかっていた癖に見つけるまで30分以上かかってしまったのはここだけの話だ。

で、だ。買ってから気がついたんですよね、これ△△は□□系のタイトルやーんって。普段、これ系タイトルのって意外にも手に取らないんで私にしては珍しいとちょびっと思ってしまったり。
つか例によって半ば衝動買いだし。こと書籍に関しては後先考えないところがあるからなぁ。



とりあえず全体読み終わった感想っすけど。

もともと今回は肩肘張らないで読める小説を読みたかったこともあって、内容には満足です。全体に散りばめられたギャグが思いのほか私好みだったのもあるんですが。←意外とくだらないダジャレとか好き

もともと電撃小説大賞応募作なのに2巻を意識した伏線が見られるのには?が12個くらい飛び交いますが(それとも応募時の作品を続刊が出せるように文章改訂したのか?)これ単体でも読み物としては十分かな、と思います。今作で張った一番大きな伏線はきっちり回収していますし、なんだかんだで一応大円団で終わっていますし。

あと主人公の一人、建代神一郎が料理、洗濯その他の家事一般が好きっていう設定というか性格付け?が個人的にはう気に入りました。タイトルで言うところのカミガカリである神一郎が、護衛対象たる藤堂家に対して与えたいと思ったもの、そして、神一郎が一貫して守りたいと思ったものをその性格付けでそれほど違和感なく描写できていたのではないかと。

ええと、この本の内容を一文で表すなら。
「日常生活も戦闘もすっとぼけながらも至ってマジメに立ち向かう男女が活躍する、すっとぼけたハートフルストーリー」って感じ? 長すぎて日本語が破綻してそうだ。

まあいい暇つぶしにはなったかな。



書籍紹介っつーより今回はこんなの読んだって事実伝えたかっただけかもー。

うむ、正しく日記だ。



でわでわ♪

あ、ありのままに起こったことを話すぜ!

  • 2009/12/08(火) 19:28:36

俺は第3次スーパーロボット大戦の下見プレイをするためにCBを起動したと思ったら
第2次スーパーロボット大戦のプレイを、しかも改造禁止で始めていた!

俺も何を言っているのかわからねぇ。
別のスパロボのプレイをはじめていたとかSFCのゲームをプレイしていたとかそんなちゃちなもんじゃねぇ!
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ……!



このネタをこのブログで使うのははじめてなんですが、実を言うとあまりに使われすぎちゃっていてあまり好きじゃないネタだったり。でも笑いの神に愛されるためには敢えて茨の道を歩まなければならないときもあるのよ。

まあそれはさておき。

正直俺、これ使わないほうがいいね。特にそんなちゃちなもんじゃねぇの一文の出来の悪さと言ったらポルナレフも目を覆いたくなるような内容なのだわ。

んでもマジで気がついたら第2次起動しちゃってました。
なんだろう……改造禁止ってそんなに気軽にできるプレイ条件ですっけ?とか自分で思っちゃったし。というか数ヶ月前まで個人的に難しいスパロボの上位だったんですけど。
繰り返しやると学習するっての本当だね。マップ攻略の手順もなんとなくだけど組み立てながら攻略できたし。



実はニコ動で上がっている第2次スパロボ縛りプレイを密かに応援しています。

キャラクターのセリフ読み上げさえなければ比較的良い動画だと思う。



でわでわ♪

最近の妄想あれこれ

  • 2009/12/06(日) 02:30:54

何度も挫折しているCB版第3次スーパーロボット大戦の完全攻略をしたいなぁとか。
やるとしたらいきなり隠しシナリオは狙わないで一回ロケテ感覚でルートと敵の配置、行動パターン諸々の把握とかしていく必要があるよなぁと思っているところ。
難易度がアホみたいに高いらしいので改造は今回はアリで。でも極力最低限の改造で最大の効果を発揮したいものです。もっともCB版は他シリーズに輪をかけて資金が溜まりにくいので無駄な改造とかあんましてられねぇんですけど。
こういうのって攻略本と睨めっこしながらあれこれ考えている時間が楽しいですね。どいつ主力にしようかとかパイロットの能力だけじゃなく精神コマンドも見て「こいつ意外と使えそう」とか考えたりさ。
現在考えているルートではなるべく最低話数を通りつつ、その後の正史となっているメキボス裏切りルートを辿ってラストバトルに行くつもり。
分岐条件が複雑なんでね、よくSFC時代にこんな複雑な分岐を作れたものだと思いますよ。一歩間違えたら考えていたルートに絶対辿り着けないし。んで目指しているルートって考えなしに進んだらすぐに違うルートに行けてしまうというね。マジめんどくせ。

んでだ、これ攻略記書こうかどうか微妙なところなのよね。古今東西に似たような攻略記が溢れているんで、記事内で箇条書きにして書いていくだけにしようかな、と。
あんまり面白い記事にはならないと思うんですよ。改造禁止で進めるっていうならともかく。というか改造禁止で進めてもいいんですけどね、隠しシナリオ目指さないのであれば。

今回、おそらく期間が一番長くなるんじゃないかな。んでまあ、完全攻略できた暁には最後のマゾプレイってことで改造禁止で隠しシナリオ目指して見るとかさ。あくまで現在の構想ですけど。
ゲームバランス的にかなりハードルが高いんじゃないかと思いますが。というかさすがに無理なんじゃね?

そんなわけで第3次の攻略を始めたらまたちょこちょこと経過報告していこうと思います。



あとは。

かなり昔に書いた小説のキャラを登場させた身内ネタってレベルじゃねーぞ!と思わず叫びたくなるとっても痛いキャラ小説を書きたいと思っている昨今。いや本当に痛い小説にするつもりはないですけど。
肩の力を抜いて気楽に読めるような内容のかるーいヤツを一本書いてみたいと思ってます。ただ話の方向性が決まらねぇ。

とりあえずほのぼの系。でも中途半端にシリアス風味な。なんだそれ?

つか昔自分が書いていた小説がマジで痛いんだよな。設定とかないから本能のおもむくままに書いているし。んでも勢いだけはあるから盛大に笑えるっていう。笑えるってのはこの場合苦笑いの意味を多分に含みます。

はぁ、こんなこと書いている今現在の記事がすでに痛い気がする。
このヤロウ、そんな冷めた視線で俺を見るな! 感じちゃうじゃないかっ!(こらこら



以上。生存報告終わり。

あと実は今月初の更新なのをツッコむのは禁則事項です。



でわでわ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。