スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーロボット大戦NEO・暴走(!)攻略記第一回「ドリームシフトは名曲」

  • 2009/10/30(金) 08:12:20

そんなわけで(どんなわけだ?)スーパーロボット大戦NEO買ってきました。wii共々。
お陰で財布の中身が寒いことに……(汗)。

購入の四日ほど前にシステムの情報を集める辺りからしていろいろと終わってますがお陰でプレイ前の心構えができました。いつものノリでプレイしようとしてたら間違いなく(゚3゚)アルェーなことになってたわ。

まあその前にwiiを購入したのはいいもののスパロボNEOを起動してから「wiiってもしかしてメモリーカードでセーブするんじゃ……?」と一抹の不安を覚えたり。
で、記録は内蔵のメモリーでできることが確認できる段になってやっと安心できたという←
情報は事前にちゃんと調べておきましょう。RPGの序盤の武器屋にいる「当然のことだが武器や防具は装備しないと意味がないからな」って親切に教えてくれる町人とか兵士とかくらいに基本的なことだよ!



縛りプレイは……ん~、今回はたぶんやらないかな。
とりあえず10話くらいまでは改造しないで様子見て、そこからボチボチ改造を加えていこうかな、と。



まずは序盤攻略してみてシステム周りの感想。現行のなんで攻略を進めるうちに変わるかもしれませんが。



まず特筆すべきというか……3Dもなかなかいいなと思わせる戦闘スピードと演出には脱帽の一言。一回の戦闘も最近のスパロボにしては短め(必殺技クラスは長いんだろうけど)で、画面切り替わりに若干タイムラグを感じますがまあ許容範囲ではないかと。
正直、期待以上の出来でした。さすが進化するブランド。同じ轍は踏みません。

あと……なんていうんですか。攻略画面については正直な感想としてこれスパロボ?って感じです。
ゾーンの支配とか包囲システムの包囲・挟撃のシステムとか含めて進軍ウォーシミュレーションというジャンルで呼ばれても差し支えないような。元よりシミュレーションゲーですけど。

あ、ゾーンって勝手に読んでいますけど正式名称は効果範囲と言います。というのを取説を後から読み返して知ったわけですが(遅)。
ハードがwiiなので子供も遊ぶことを想定して難しい言葉は極力避けたのでしょうか。そういえば過去シリーズに比べて全体的にわかりやすい言葉を用いている気が。
んでこの効果範囲は機体サイズが大きいほど広いです。だから大きいユニットは多少離れていても援護行動を受けられ、逆に小さいユニットはより密集しないと援護を受けられないわけで。
機体サイズの特性の違いをこんなところで差別化しています。

SPは最大値に対して初期値が低い状態でスタートする代わりにターン毎に、またダメージを受けたときにも一定値回復するシステムになっていて、少なくともSPが枯渇して攻略不能になるという事態だけは免れられるように工夫されています。
んでそのお陰で精神コマンドを割と気軽に使えちゃうわけで。毎ターン回復するなら使わなきゃ損ですし。

ヘックスを排除したのもなかなかに面白い試み。
移動が多少大雑把にできるようになったお陰で以前よりも直感的にプレイできます。

包囲に関しては向かい合うように挟み込むと包囲補正+挟撃補正で10+10+30=50%の攻撃力補正というのは素晴らしい。
何が素晴らしいってあなた、隣接して包囲したら援護行動を受けられるけど真向かいになったら受けられない可能性が発生する点が。
ダメージ優先するか、援護優先するか、それもプレイヤー次第ですっていう男気を感じましたよ。メリットだけじゃなくデメリットもちゃんと発生するように考えられている点はすごく評価できますね。
ただ大きいユニットの場合どこから囲んでいれば包囲から挟撃になるのか、その点がちょっとあやふやな感じはしましたけどね。

まあとにかくゾーンを制するものはマップを制すというか。
そんな感じのするゲームシステムに変わっていたというのが今んとこの偽らざる本音です。

あと実際プレイしてみるとわかるけど自分がロボットを操っている感覚を味わえる点も好印象。
従来のスパロボより見ているだけの時間が圧倒的に少なくなったように感じます。

相変わらずクソ長い会話デモのせいで1話の攻略時間が非常に長くなってしまうんですが(もっとさくっと終わらせられないかねぇ……)。
3Dという不安要素を抱えながらもとりあえずは予想以上の出来に感動しているところです。



……目が非常に疲れるという弊害はありますが(あがー)。



さて、1話から3話までさくっと紹介。



第1話

タイトルをメモし忘れました。次回から忘れないようにするのでとりあえず許してちょび髭orz。

いきなり獣神ライガーの話。主人公・剣の声がとってもクリ○ンでした。
シナリオの途中でファイヤーライガーに変身。変身前はEN消費が発生するのに変身後はなぜか消費0で威力向上するライガーソードが非常に使いやすかったざんす。

主人公はライガーのイベントが原因で地割れに巻き込まれ地下深くに。そこで主人公機と遭遇。いきなり戦う、と。
どうでもいいけど顔に比べて声が逞しい。なんかかつてのガロードの顔を見た脳内イメージと実際の声との不一致で苦しんだあの感覚に似ている気がします。でも長く聴いていくうちにアレじゃないとガロードに聞こえなくなるというミステリー。ま、そのうち慣れるさ。

あと主人公の弟は狙ってるとしか思えないんですが。名前が天音で僕っ娘、ロリボイス、というかシナリオ途中で主人公が「弟」発言するまで勘違いしていたよ可愛いなぁもう。
……う~ん、自分なにか違う方向に目覚めなければいいのですが。
余談だけど天音の名前が出るたびにこの曲が頭を過ぎります。私と子と交錯する天音に心眼。

それにしても肝が据わってるなぁ今回の主人公。いや参戦作品群全般の主人公がそういう傾向にあるんですけど。



というか第1話から数の暴力を振るう敵軍団。よもや1話目から苦笑いを浮かべる羽目になるとは。
実際、戦ってみたら案外苦労せずにクリアできましたけど。



第2話

この流れでほかのエルドランシリーズはどうやって参戦するんだろう?と疑問に思ったシナリオ。先の展開が楽しみです。
あ、本日の名言賞は兜甲児くんの「エルドラド」発言に決定。是非、財宝探しに精力を注いでいただきたいものです。

※El Dorado(西語):黄金郷

そんなわけで我らがヒーロー絶対無敵ライジンオー。さっそく集団リンチにあって撃墜されかけたのはここだけの秘密だ。予想以上に脆かった。

……いや2話目で早速ゲームオーバーとかいくらなんでも洒落になってないし。

正直マジンガーの増援がなかったら速攻で終わってましたね。ダイアナンAが優しく介抱してくれるから元気爆発!(違)
増援が来たら一気に形勢逆転。というかほとんどが適当に囲んでリンチかましてただけですが。

……あ、こっち側が数の暴力?(笑)



第3話

話は打って変わって異世界。今作はラムネスとリューナイトの世界が少なくとも組み合わさっている模様です。ナイス演出。
ただ今回は顔見せシナリオらしひ。でもシナリオが独立しているわけじゃなく、新規参戦を初登場させつつちゃっかりエンドデモで複線を張る職人っぷり。

話的にはモーレツに進軍してくる敵ザコ+ダ・サイダーからモーレツに脆い城を守るというもの。
ポイントは最初から熱血を覚えている勇者ラムネス。SFC版無印第三次と同じ効果だけどな!(倍率1.5倍)

途中からパッフィーと愉快な仲間たちが増援に。ダ・サイダーのダジャレを精神攻撃と勘違いする高次元な脳を持った素晴らしい人たちです。
あとリュープリースト・バウルスが悪○神官に見えて戦闘アニメ見るたびに吹き出す始末。こっちのほうがシャレが効いてるんですけど(笑)。



それからラムネ&40の敵居城、ホイホイ城の名前がホイホイな件。もう阿部城に改名していいよ。いや、やっぱやめてください。
今後の展開で首魁ドン・ハルマゲ辺りが「そうだ、いいこと思いついた」的な発言をしたらいよいよ末期かもしれません。




そんなわけで。
攻略記のようでその実攻略記じゃないだろコレ的な感想になってしまいました。
あとTOPに「ネタバレ上等!って方だけ読んでください」とか付けたほうがいいような気がしてきた。



んでも期待以上のものが来ましたからね。
今作もまったり攻略していこうと思います。



でわでわ♪


P.S.これテキストだけ昨日中に打っていたものなので齟齬が生じているかもしれないです。悪しからず。
夜更新する前に寝ちゃったんだよぅ(言い訳)。

スポンサーサイト

久しぶりに正統派ツンデレヒロインを見たような気がすりゅ

  • 2009/10/20(火) 20:38:28

そういえば前回の記事でKの主人公機に関する話を忘れてしまった件。
んなわけでとりあえずぱぱっと書いてみます。

主人公機ですがヒロインの機体も含めて外見はバリバリリアル系なのに避けない。命中こそそこそこありますが攻撃力も低いとなんか主人公機じゃなかったら絶対運用していないレベルの性能です。

後半になって追加される特殊技能も攻撃力に補正が加わるだけのもの。だけとか言うけど攻撃力補正が入るだけで十分な気がしますが。

合体できるようになってやっと火力が一軍で使っても問題ないレベルに。この辺りまでは忍の字でしたね。

んで巷では合体できるようになっても弱い弱い言われてるようですがむしろ今までの主人公機がアホだったんだと思います。個人的には主人公機は今回くらい抑えているくらいのほうが丁度いい気がしますね。でしゃばらず、かといって弱すぎず。

ああ、機体がでしゃばらなかったからキャラがでしゃb(ry

合体できるようになってからもHP、装甲とも中途半端であんまり安心して前線に出せない辺りが素敵です。でもさりげなくアタックコンボは優秀という。

デザイン周り抜きにすれば私はすごく気に入りましたね。いわゆる器用貧乏型の主人公機だったのではないかと。



さて、久しぶりに書籍関係の話。

実は今月の楽しみその2がありました。というか書店巡っていて今月発売予定なのを思い出したんですが。ちなみにその1は皆さんご存知の通り、スパロボNEO。

漫画、スキップ・ビート!の23巻発売。

前回は最後すごくハラハラするところで引きましたので続きの展開が非常に気になっていたんです。とは言え、本誌派ではないので(あとKC発売時点の収録分が軽く半年前の内容なので今から読み始めるとKCより先の内容を知る羽目になるというのもありますが)楽しみにとっておいたのですが。

いやー、演技とはいえ今回のキョーコはいつも以上にオニチク。キチクじゃなくてオニチク。
DARK MOONの未緒よりナツのほうがむしろ怖いんですがががー。

未緒のほうはまだ少なからず罪悪感がある中で陰湿な復讐をするキャラだったんですが、ナツはもう容赦ない徹底したいぢめをするキャラって感じで。
ええ、はじめてキョーコが完全な悪役に見えました。22、23巻のメインゲストである天宮千織のほうがよほど主人公主人公している風に見えましたし。

あと初登場時との千織と、吹っ切れた後の彼女のギャップが凄い。キョーコの影響力の成せる技か、本来の彼女の姿なのか。たぶん、両方。

そんな感じで今回、間違いなく主役はキョーコじゃなくて千織だと思いました。まる。



というか今更ですがこの漫画、ツンデレが多いなーと思いました。モー子さんこと琴南奏江を筆頭に、松内瑠璃子、そして今回の天宮千織と。キョーコに対する態度の変貌振りが半端ないっす。
特にモー子さんなんか明らかにキョーコに好意(主に友情面で)を抱いていて、「なんであんな子のためにーっ!」って嫌悪感バリバリに出しながらしっかりキョーコにアプローチかける辺り、素直じゃなくて可愛いなぁなんて。

なんつーか気持ちいいくらいのツンデレっぷり。女性対女性ですが下手な萌えキャラより萌える。

……俺、百合属性ないんだけどなー。



あ、今回の引きでは久々敦賀蓮にスポットが当たりそう。
ここ数巻は恋愛方面の動きがなかったんでwktkですよ。というか蓮自体、キョーコのナツ役のためのアドバイス指導して以来スポットが当たってなかったら久々に顔がにやけてしまいます。

色男ー。色男ー。



……ちょっと自分はっちゃけすぎですね。もう少し自重しなさいって話。

あと作画がうまくなっているんだけど中村佳樹先生自体、モー子さんと千織の描き分けについて結構苦労したんじゃないかな、とか少し思ったり。一部の場面は本当にモー子さんそのもので、ビジュアル面で七転八倒されたんじゃないかと。……勝手な想像ですが。

次は二月発売予定ですって。実に半年先じゃないの。待ち遠しいわ。



でわでわ♪

スーパーロボット大戦K・攻略感想

  • 2009/10/19(月) 01:18:51

なんとか完全攻略できましたので感想を。

長くなりそうなので追記にて。

続きを読む

一回詰んだ

  • 2009/10/17(土) 23:41:51

K改造&スキルパーツ使用禁止プレイのその後。

33話後編で一回詰みました。スパロボで詰んだのなんてα序盤でドラゴノザウルスを相手にして以来かもしれないです。

詰んだ原因はジーグのラスボス的存在の荒之皇。こいつのHP回復量にこちらのダメージが追いつかなくなってしまって。
地形効果を甘く見すぎていましたね……。というか機体のHP回復Lvと地形効果のHP回復が重複するとは思わなんだ。

シナリオの展開も含めて攻略の方針を見直しました。で、必殺技持ちを多く出撃させることと、多くの必殺技は射程1に対し、囲めるのが4機のみなので、戦艦の回収能力を利用して一機でも多く必殺技を叩き込めるように留意してみたら案外楽に撃墜できました。

残ったのはザコなんで鼻歌混じりにでも撃墜できましたしね。



実を言うともう1マップ詰みかけたマップがありました。

それがガン×ソードの決着マップ。やはりクー・クライング・クルーという敵ユニットのHP回復量にこちらのダメージが追いつかなくなりかけて焦りました。
HP10万越えなのにHP回復能力やバリア技能なんか保持しないでくださいwww

あと今作はSPが上がりにくい仕様なので熱血を一回使うとすぐに息切れしてしまいます。なのでそれの使いどころの見極めも大事になってくることを痛感しました。



最終話まであと3話。
ここまで来たらあと一歩。なんとかNEO発売前に完全攻略することができそうです。



でわでわ♪

拍手返し・ヴァンダサカッコいいよヴァン

  • 2009/10/15(木) 21:49:00

前回、制限プレイについてはあれこれ書きましたけど、どの作品に関しても多かれ少なかれ制限は加えるんですよね。というか制限加えたほうがかえって楽になることもしばしば。
その最たる例が武器改造禁止プレイ。攻撃力の底上げができないので一見不利なのですが、その分ユニット改造に資金を多く回すことができる点が有利であると言えます。制限プレイの中では緩い条件なのでコレは割とオススメです。



で、自分から始めといてアレですけど月末にスパロボNEOの発売を控えているのに未だにKのほうのゴールが見えません。

経験談から言わせてもらいます。改造・養成制限は果てしなくめんどくさいからやめましょう。

ここまで来た以上、意地でも貫き通しますし、攻略の方針もなんとなくではありますが決定していますし。



ああ、めんどくさいついでに試しにセーブしないでダン・オブ・サーズデイをフル改造してヴァンにスキルパーツ養成できるだけしてみたら

マジで一機で無双できるんだから本当やってらんねぇ。

というかただの大刀で10000ダメージ余裕とか……。SEEDが発動した種運命勢やマジンパワー、銅鐸パワー発動したWジーグが必殺技叩き込んでやっと出せるダメージなのに……。

あとシナリオ上別行動で1マップダン・オブ・サーズデイが使えないマップがあるんですが、お陰でヴァンの偉大さがよくわかりました。周囲を囲まれた状態でHP30000クラスの敵ユニットが5機もいるというとっても素敵なマップでしたので余計に(汗)。



ああ、そうそう。前回も書いたけどストフリは相変わらず厨性能。ストフリに限らず今作はディスティニー、∞ジャスティスも厨スレスレの性能。

機体の基本性能がもともと高いのに二段階改造済みで参戦、火力は下手なスーパー系より高くて燃費もそこそこ、そしてなによりハイパーデュートリオン。これが厨性能に拍車を掛けています。

その効果はターン開始時に最大ENの25%回復。強力な兵器はエネルギー消費制なので大技連発しない限り、実質撃ち放題という大盤振る舞いにはもう笑うしかありません。
またSEED発動状態なら火力も増大で種運命勢の優遇っぷりが凄すぎます。

また30レベル過ぎた辺りからアタックコンボレベル持ちが少しずつ増えてきます。この辺から単独運用、PU運用の選択の重要性が増してきますね。敵のほうもPU組んでいる機体は普通に援護防御してくれるのでアタックコンボがないと満足にダメージも与えられません。



閑話休題。オリジナル敵勢力についてもそこそこわかってきた感じ。
22話まで攻略してみた感じ、Zのカイメラが変態集団ならKのこちらはオマヌケ集団なんだろうな、と。
本人たち、クソマジメなんですけど頭のネジが一本抜けていて想定外のヘマを犯しているので。というかイスペイル(敵幹部)が萌えキャラに見えてしょうがない。



以下、拍手返し。



>前後をインターミッションで分けるって…最悪すぎね?Dが懐かしい・・・


前後編有りのスパロボだとFよりはよっぽどマシかと。前編で攻略終了時に気力101以上の場合、後編では上昇していた分気力100からマイナスされて出撃という仕様でしたし……。
また前編・後編でタイトルコールがちゃんとあるので実質は2話攻略しているのと変わりません。
基本的に前編で事件の勃発、後編で解決という展開が多いですね。賛否両論ありそうですが個人的にはそういうのに挑戦してみたのは悪くはないんじゃないかなと思います。
むしろ一番困るのは初期配置で弱いユニットが単独で敵部隊の真っ只中に先行しちゃうようなマップ。
そのまま放置したら確実に撃墜されちゃいますからーっ!



NEOは予約しといたのであとは買うだけですね。
エルドランシリーズ参戦がやっぱり嬉しすぎてwktkが止まらないっ!

でわでわ♪

# アイコン雑記「制限プレイの醍醐味」

  • 2009/10/09(金) 21:02:09

負け犬♪
そんなわけでスパロボK制限プレイは第19話まで、実質シナリオ数24ほど攻略しました

サラサさん♪
実質……? どういうことでしょうか?

オーナー、輝♪
Kは前編・後編からなるシナリオは間にインターミッションを挟んで2シナリオ=1話の換算になっている
だから実際に攻略したマップ数と話数が必ずしも一致しない

負け犬♪
オーナー、丁寧な解説ありがとうございます

オーナー、輝♪
……っていうかお前も大概物好きだよな。あるいは虐められるのに快感を覚えるタイプか?

負け犬♪
なんかいろいろと誤解を生みかねない発言は自重してほしいのですが

オーナー、輝♪
安心しろ。俺の辞書には天上天下唯我独尊しかない

負け犬♪
汎用性なさすぎっ!Σ(゚∀゚;

サラサさん♪
でも実際その……改造禁止プレイとか本当によくやりますよね。普通そういうのって1週くらい攻略した後でやるものじゃないですか?

負け犬♪
まあね。正直に言うと攻略が遅々として進まないものだからちょっと後悔してます
今更制限を解禁するつもりもないですが。というか解禁したらヌルゲーになるのは目に見えているし(汗

オーナー、輝♪
具体的には?

負け犬♪
2、3機フル改造ユニット作りつつスキルパーツ養成していつものごり押しスパロボに
ちなみに候補はキングゲイナーやストフリ辺り。というか改造制限プレイでは参入時点で2段階も改造されていれば優秀な部類になってしまうのですよ

オーナー、輝♪
まあな。基本は改造値が0なのが普通だもんな
で、改造制限プレイに拘る理由は?

負け犬♪
1つはキツい難易度でプレイしたいってことかな。最近のスパロボって緩い緩い言われているけど制限加えても緩いのか自分なりに検証してみたいっていう気持ちはあります

サラサさん♪
自らハードルを高くして挑むわけですね
例えるなら……重りをつけてフルマラソンを走りきるイメージでしょうか

負け犬♪
それよほど鍛えてないと途中でバテますよね?(汗)

サラサさん♪
たとえ話なんだからそこまで気にしなくてもいいと思うのですが……
それで、1つ目ということは他に理由があるんですか?

負け犬♪
1つ目のとやや被るけど実際、制限加えないと最近のスパロボは緩いってことです

オーナー、輝♪
改造による機体の能力変化が顕著だからな

負け犬♪
ただ、それは一概に悪いとは思いませんね

サラサさん♪
というと?

負け犬♪
最近のスパロボのほうがプレイ方針の自由度が高いということだと思いますので
ちょっとキツいスパロボをしたいなら敢えて制限加えればいいし、俺TUEEEEEEE!!状態を楽しみたいならシステムをフル活用すればいいわけですから

オーナー、輝♪
なるほどな、プレイヤーが付ける制限状態如何でいくらでも難易度は変えられるってことか

負け犬♪
イエス、イエス
全滅プレイにしたって昔は裏技でしたけど今やスパロボプレイヤーの常識ですしね

サラサさん♪
あれも辛いと思った人への救済措置と考えているんですね。……負け犬さんはあまり気持ちがいいとは思っていないようですが

オーナー、輝♪
再三言っているが、八方手を尽くしてもダメと思ったときにはじめて利用していいシステムだと思うからな

負け犬♪
セリフ取られたーっ!Σ(゚д゚;
んでもまあ、絶対にやらないとは言いませんが極力普通にプレイして入手できた資金の中で遣り繰りするのが楽しいので

サラサさん♪
それで、他に理由はあるんですか?

負け犬♪
これが制限プレイの醍醐味なんだと思うのですが、制限プレイで一度攻略した後に制限を解禁すると凄く爽快にプレイできるんですよ

オーナー、輝♪
厳しい条件の後に普通の条件でプレイしたら感覚的に楽になるのは当たり前か

負け犬♪
そそ。その快感を得るために今は敢えて茨の道を進んでいるというわけですよ

サラサさん♪
ドMですね

オーナー、輝♪
ドMだな

負け犬♪
サラサさんのほうに先に言われたことに驚いたーっ!Σ(゚ω゚;

サラサさん♪
いやツッコミどころはそこじゃないですし……

オーナー、輝♪
大丈夫だ、コイツの辞書に常識の文字はない

サラサさん♪
ああ、なるほど

負け犬♪
勝手に決め付けないでー! あと納得しないでー!

オーナー、輝♪
まあそれはそれとしてだ、なあサラサ……(にっこり

サラサさん♪
はい、どうぞ心行くまで楽しんでください(にっこり

負け犬♪
……ん?

オーナー、輝♪
お前何ヶ月アイコン雑記サボってたんだよ。お陰で俺の登場が久しぶりになっちまったじゃねえか

サラサさん♪
すでに閲覧者の皆様には存在を忘れられているかもしれませんし、今回はたっぷりおしおきしておかないといけませんよね

負け犬♪
いやー、それには海より浅く山より低い事情がありましてー……

オーナー、輝♪
問答無用で体育館裏に連れて行く

負け犬♪
え、あ、ちょ……まっ……。てか体育館裏とか懐かし(ry




















ギャーッス!!




















サラサさん♪
(このオチも懐かしいわね……)
では皆さん、また次の機会にお会いしましょう♪
でわでわ♪

拍手返し「ぼくのかんがえたさいきょうろぼ」

  • 2009/10/02(金) 22:38:03

攻撃力がスパロボ的に言うと21000あってどう考えても一撃で終わるロボット。

一機で最大65565機を照準に収めることができることなど造作もないロボット。



どう考えてもネオグランゾンです。ありがとうございました。



そんなわけで第10話くらいまで進めました、スパロボK。
前回攻撃力が低いとか言っちゃってごめんなさい。攻撃力十分に高いです。
というかパイロット能力がおかしい。レベル10程度で格闘(射撃)180~200付近のパイロットがうじゃうじゃって……(汗)。
ちょこっと調べてみたら1レベルアップで各能力3上昇とか。伸びすぎにも程があるって。

そんな感じで。

無改造プレイでの攻撃力の心配はなさそうです。



あとガン×ソードのダン・オブ・サースデイが強いね。最初能力が平凡と思ったらヴァンの格闘能力が高いお陰でザコなら一撃で轟沈も珍しくないです。
HPもそこそこ高いから被弾してもそれほど痛くないし、カウンターがあるから無傷で勝利も有り得るし。

その他、反則ユニットは銅鐸パワーを持つ鋼鉄神ジーグ。かつてのマジンパワーに他のシリーズで言うところの見切り、ガードをミックスしたような能力。正直やりすぎやろ(汗)。
ジーグのジーグブリーカー自体は攻撃力3900とそれほど強力ではないものの、これとクリティカルが併発すると恐ろしいダメージをたたき出します。

逆にマジンガーZはマジンパワーがオミットされて弱体化が激しい。いや、これまでのマジンガーが強力すぎたんですけどね。

さて、拍手が来ていたので返します。



>いいか!学園は買うなよ!? 絶対だぞ!!! by地雷踏んだ人



例によって匿名の名前なのにバレバレです。わっかりやすいなぁ(笑)。
実は学園と二択で考えていたのですがやっぱ純粋(?)なスパロボをやりたいという理由でこちらを選択しました。新しいスパロボをプレイしたかったというのも理由なんですけどね。
学園はゲームシステム自体は普通に良ゲーみたいなことを聞いていますが……いやぁでも手を出すかなぁ。
今月にはNEOの発売も控えていることですし、しばらくは手を出さないだろうと思います。
ご忠告ありがとうございました。



あとガン×ソードのオープニングテーマが普通に戦闘BGMとしてもカッコいい件。

西部劇風な曲調がかなりナイスです。



でわでわ♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。