スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原点に立ち返る

  • 2007/10/20(土) 21:15:24

それにしてもこのブログ、TOPにも書いてあります通り、もともとは自作小説を公開するという名目で始めたのですが全然そういう投稿をしていないことにはたと気が付きました。やはり勢いだけで始めるといろいろと問題が生じるようです。

良い訳をするといいネタが思い浮かばないのですよセニョール。いや、これ小説を書こうとする身としては欠陥だらけですな。

ちなみに以前こんなの考えましたっていう例たち。

プロット1
もう二度と会えない恋人との思い出話。
最終的なところにどんでん返しを用意。でももうどこぞの話で使われてそうな結末だなぁと思う。もう一捻り、なんか考えられないかなぁ。とりあえず文章化しる。

プロット2
ある夜。少女は剣の修行に明け暮れていた。「あの男」と決着をつけるために。だが胸中に燻ぶる思いに少女は戸惑っていた。そこに義姉妹の契りを交わした人物が現れて……。
実はすでに文章化してあり、短編として話は完結しているのですが、なんか出来があんまり良くないと公開を断念した作品。なんというか自己満。

プロット3
彼(あるいは彼女)は“敵”と対峙していた。ぶつかり合う武器と武器。勝てば勝者、負ければ敗者。それだけを決める至ってシンプルなサバイバル。だが、勝者はその最中、ふとした疑問を覚え……。
“文章を使わないでどこまで小説を書けるか?”というコンセプトの元に書いた小説。文章化済み、完成済み。自分では割と頑張ったほうだと思う。内容はともかくとして。



決めました。プロット3の小説を公開したいと思います。以下、追記に公開することにしますね。

スポンサーサイト

続きを読む

烏丸骨董店 第1話『食死(しょくじ)』(1)

  • 2007/01/09(火) 04:15:30

小説書き書き。若干本格的なヤツです。本当に若干ですが。
とりあえずchapter1を書きましたのでうp。長いので追記のほうに入れときます。

続きを読む

アルラの冒険

  • 2006/11/20(月) 21:48:41

膝をつくアルラ。
「最後に笑うのわこの私だ! ふはははははは!」
魔王たるヤツは不敵に笑った。それこそこの世界中に響かんばかりの馬鹿みたいな大きな声で。つかそれは大きすぎだ。
どうでもいいが「わ」じゃなくて「は」だろうが。まったく最近の若い衆は日本語がなっていn(ry
「それでは私のエレガントでシュールでギルガメッシュでカタストロフでジ・ハードで奈良の大仏な一撃でキミを葬ってあげよう。幸運に思いたまえw」
魔王が高々と左手を掲げると、雄雄しく光の球が生まれた。どうでもいいが知っている単語を並べればいいというものではないぞ。
「絶望を讃えよ! 我が名わ魔王ボインチャンなり!」
うっわー魔王すっげぇ名前なのな。←創造主も吃驚
「……るなよ」
「……なに?」
アルラがぽつり何かを呟く。魔王は堪らず聞き返した。
「ぷじゃけるなよ! 俺はお前なんかに決して屈しない! 俺は……俺は!」
ぷじゃけるなよ。勇気を振り絞り、アルラは立ち上がった。
「俺はアンタの息子の二十年後の未来に隣に住んでいる親父と同居していた居候の十五年前に死んだ実の姉とはなんの関係もないただの一般人だ!」
……嗚呼、混沌(カオス)。







というわけで製作途中ですがこの小説の創作は破棄致します。っていうか小説ですらねぇよコレ。(汗)
感想ないと思いますがありましたらコメントかweb拍手にてお願いします。あると管理人がおそらく喜びます。てかあったらいいなーと切望する日々です。
……ってぇかなんでこんなん書いたんだろう。まあ後で読み返して後悔するのは確定ということでw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。